【格安SIM】mineoお留守番サービスEXを解約しLaLa Callへ転送設定しました。

2017年11月上旬の新規でデュアルタイプ(音声通話ありタイプ)を契約すると、12ヶ月間927円引きキャンペーン時に、携帯キャリアからmineo(マイネオ)へMNPを利用し、乗り換えを実行した筆者。

2018年1月13日現在、iPhone SEの機種をそのままに、mineoのSIMカードだけを入れ替え、設定しただけなので、使用感もそのまま、体感としてはキャリア時と何が違うかわからないくらい快適に利用できております。

平日お昼12時~13時の回線混雑による通信速度下降すらも、特に気にならなくなりました。

新規契約をしてから、初めて丸1ヶ月分の請求額が届きました。

筆者は通話パックは使用しておらず、12月の途中で【LaLa Call】という通話アプリを入れたので、「通話料」に【LaLa Call】基本使用料108円が加算されていました。

SMS送信料」はメインの生活拠点である、ヤドカリ先1号大家さんとのメッセージのやりとりでかかった金額。

大家さんは2018年1月中に筆者と同じくmineoに乗り換え、【LaLa Call】へ加入することを決めているので、【LaLa Call】基本使用料108円内で通話・メッセージをやりとり出来るようになります。

(【LaLa Call】アプリ同士での通話・メッセージのやり取りはアプリ基本使用料108円以外は無料)

そして今回気になった点は「留守番サービスEX」の基本使用料324円。

新規契約時には【LaLa Call】の利用を考えておりませんでしたので、オプションとして「お留守番サービスEX」をつけました。

mineo契約から少し時間がたち、留守番電話機能自体がなくなっては困りますが、月々324円は微々たる金額ではありますが、少々気になってきました(-_-)

せっかく通信オプションも気軽にカスタマイズできるMVNOに乗り換えたことですしね(‘ω’)


そこで!携帯電話番号にかかってきた電話を【LaLa Call】に転送し、【LaLa Call】の留守番機能(無料)を使えば【LaLa Call】基本使用料108円でおさまることを知ったので、今回実行してみることに。

※筆者は【LaLa Call】を契約→アプリをダウンロードし、設定までを終えています。

【LaLa Call】の転送設定

①【LaLa Call】アプリを起動し、右下歯車マーク【設定】→【オプション設定】→【留守番電話/転送設定】。

②【留守番電話/転送設定】→【留守番電話】をタップし、チェックがついたことを確認。

③【条件設定】の項目「すべての着信」「無応答時」「話し中時のみ」「話し中時かつ無応答時」の4つのなかから選択します。

すべての着信」を選びますと、【LaLa Call】050番号への着信はタイムラグなしに留守電に切り替わります。ほとんど050番号に着信することがない方は、「すべての着信」を選ぶとスムーズのようです。

※筆者は仕事上で050ナンバーを使う可能性があるので、「話し中時かつ無応答時」を選びました。

④【不在着信時のメール通知】は、「全て通知」がベターとのこと。

⑤【呼び出し秒数設定】は、7秒(コール約3回)~63秒(コール約27回)のなかで選ぶことが可能。筆者は14秒(コール約6回)に設定しました。

※ちなみに携帯電話090/080/070コールは、au回線だと約20秒とのこと。090/080/070約20秒コール→転送→【LaLa Call050コールとなるので、留守電機能をメインに考えると、【LaLa Call】050コールはなるべく秒数が少ない方がいいと考えました。

留守番電話のメール通知/メールへの音声添付は、どちらも有効に設定。登録アドレスに録音音声を添付してメールが届くので、そこから音声で内容を確認できます!(【LaLa Call】アプリからも録音音声を再生可能)

⑦通知先メールアドレスは、こまめにチェックするメールアドレス設定を。

⑧留守番電話用暗証番号は1度設定するとオフにはできないので注意とのこと。

【mineo】の転送設定

※設定の前に、【LaLa Call】050番号をお手元に用意します※

筆者はauプランですので、以下auプランの設定手順です。

応答できない電話を転送する(無応答転送)

mineoの一般電話(090/080/070)から【1422】を発信し、ガイダンスに従って【LaLa Call】050番号をプッシュします。

※着信転送サービスを停止する(転送停止)場合は【1420】で設定します※

呼び出し時間設定

mineoの一般電話(090/080/070)から【1418】を発信してガイダンスに従って設定します。(auプランの場合は最長で55秒)


LaLa Call】での留守電機能で様子をみようと思います!

スポンサーリンク