【賃貸/お部屋】家賃4万円ワンルーム2部屋vs家賃8万円2LDK1部屋について考える

ヤドカリ生活も間抜けはあれど10年近くになる筆者。

ここまでくれば「広い庭付きの素敵なお家」に住みたい願望は、ほとんど持ち合わせておりません。

と、いいますか幼い頃から、広い家への憧れはひと一倍少なかった(^_^;)

3LDKの分譲マンション時代

ちょっと暗い話にはなりますが、

幼いころはファミリータイプの3LDKの分譲マンションに住んでいたのです。

そこから両親の離婚騒動があり(大人になってから、その頃1度離婚していたことを知った)

母親が別の部屋を借りて出ていきました。

 

ゴタゴタを経て、話し合いを重ねたのち、筆者たちが大人になるまでは、両親がカタチだけでも夫婦の形態をとってくれることに。

 

2DKの賃貸マンション時代

家族4人の生活を再スタートさせるタイミングで、3LDKの分譲マンションは売り払い、

学校区内の2DKの賃貸マンションに移り住みました。

 

3LDKから2DKになったので、もちろん体感としても狭く感じたのは確かだったのですが、

家族4人揃っての生活を再スタートだったので、その狭さが逆に人のぬくもりを感じて嬉しかった。

 

その頃の部屋割りは【父と兄】6畳の和室/【母と筆者】6畳の洋室と振り分けたのですが、

6畳の部屋を2段ベッドとカーテンを使い、自分のプライベート空間を作るのがたのしかった。

 

思えば、その頃からヤドカリの素質があったのかも・・・(笑)

そこから「広い家」に対するあこがれが芽生えるよりは、「狭い家」でも工夫して暮らすことが身に着いたのかもしれません。

 

前置きが長くはなりましたが、、、

 

そして現在の暮らしの形態である【ヤドカリ】が板についてきたことで、

複数が必ずしも同じ部屋に暮らさなくても、それぞれが身の丈にあったワンルームを借りて、多拠点生活をすればよいのでは」という現代風?!の考えにシフト。

 

家賃4万円ワンルーム2部屋vs家賃8万円2LDK1部屋

ここからはあくまで筆者の構想なので、実践するかどうかは置いといて・・・

例えばこんな生活スタイルはどうだろうか?というお話をさせていただきます。

 

タイトル通りなのですが、、、

2人暮らし」と仮定して、【家賃4万円のワンルーム2部屋住まい】と【家賃8万円の2LDK1部屋住まい】を比較すると、

どのようなメリットデメリットがあるのだろう??

以下はあくまで筆者の見解の範囲内であり、建物や環境によって左右することがあることをご了承願いますm(__)m

家賃4万円のワンルーム2部屋住まいのメリット

  • 1部屋を借りるのに、賃貸契約の審査が比較的通りやすい
  • 保証人無しで借りられる物件もあり
  • 敷金・礼金無し物件も多い
  • 万が一部屋の不具合があっても引越ししやすい

家賃4万円のワンルーム2部屋住まいのデメリット

  • 水道代・光熱費が2倍かかる
  • 近隣の部屋とのコミュニケーションが希薄になりがち
  • マンションによっては仕様に難があり(壁が薄いなど)
  • 場所によっては陽当たりが悪い

家賃8万円の2LDK1部屋住まいのメリット

  • 部屋が広い
  • ファミリー層が多いので、近隣とのコミュニケーションがとりやすい
  • マンションによっては仕様・設備が充実している
  • マンションによっては陽当たりがいいことが多い

家賃8万円の2LDK1部屋住まいのデメリット

  • 家賃が高い(マンションによっては管理費が高い)
  • 賃貸契約の審査が厳しめ
  • 敷金・礼金が高め
  • 引越しするのに手間がかかる(場合によってはトランクルームなどを借りるなど)

もちろん上記がすべてはまるわけではないですし、マンションの仕様などは、部屋があくタイミングもありますし、いろいろ探せばそれなりにいい物件もあると思います。

家賃8万円2LDKに住んでいる人でも、荷物が少なかったら引っ越しも楽ですし。

 

大きな違いは「契約時の手間」「金銭的なこと」あたりでしょうか。

あと2LDKの間取りはやや限られてくる点もあり。(最近は仕切りを取っ払い広めの、1LDKが多い気がします)

 

アミーゴ的まとめ

比較をしてみて、広い部屋で1ヶ月くらい暮らして、あとの11ヶ月は6畳ワンルームで暮らす・・・

なんて、どこまでいっても多拠点な生活には憧れる筆者なのでした(笑)