【パラレルワーク】此度、個人事業主に形態が変化いたしました

ここ数年パラレルワーク、パラレルワークと呪われたように吐いているが、結局のところパラレルワークってなんやねん??って自分自身で見失っていたところがあったので、今一度改めて注釈いれると「専業・副業を区別せず、並行して複数の仕事を行うこと」だそう。だとすれば、正真正銘今月から「パラレルワーカー・ロロアミーゴ」の爆誕と言えよう。。。

ほんの数日前まではこの秋に採用になったリモート仕事の会社にて「社会保険加入」の準備を進めてはいたが、直近のブログにて「もし社会保険加入できなくとも、それはそれでしゃーない」的なことを書いたことが現実となり、まさに「それはそれ」になったのであります(笑)つまり現在雇用・委託契約している3社のどの企業にも社会保険加入はしない。

ってなわけで、タイトルにあるように税務上でも形態としても「個人事業主」として、所得税・住民税を納める&国民年金・国民健康保険料を支払うカタチとなったわけ(‘ω’)もちろん社会保険に加入した方が、企業が半分負担してくれるので保険料は安く済むのはガッテン承知の助(!)だけれど、現状の勤務時間やらなにより自分自身のモチベーション諸々熟考した結果、ひとまずはすべてサラ(真っ白)にすることに決めたのさ。

特段何が変わったのかと言われれば何も変わっちゃいないし、当妖怪の見た目が第二形態に変化したとかそんなおもろいことにもなってないし(相変わらずキャメルカラー・マスタードイエロー・ガジェット大好き妖怪だし)、寧ろどこか特定の場所に縛られすぎない今の在り方は一番しっくりくるなと。

もちろん個人の希望思惑云々関係なく、この国には労働基準法があるので、リモート仕事を本格的に取り組めば社会保険は半ば強制加入になるのだが(上司は事前に選択肢は与えてくれた)、こちら側が希望する金額の給与に見合った仕事をふってさえしてくれれば、今はそれ以上働くのは嫌だというワガママをぶっ放してもーた(笑)今回社会保険から外れることになったのがきっかけで少しあやふやになっていた収入面の具体的な金額を提示することができ、善い方向に働いたかも??とさえ思っている(‘Д’)USドラマを観まくってた影響で日本人が苦手と言われているお金の交渉が苦痛ではなくなったっていうね(笑)

短期集中或いはゴールが設定されているなかで忙しくするのは割と好きではあるけれど、やみくもにキャパシティを超えて働いたところで、体力よりも精神的にクラッシュするのは目に見えているし(前科◎◎犯www)つい先日同僚が勤務日数を増やしてからついに例の病に罹患したのを目の当りにしたら「無理は禁物」とますます身に染みた(‘Д’)※ちなみに昼ご飯時は黙食を全うしていたし、駄弁るときはマスクしていたので濃厚接触者には該当せず。

ひとまず条件・待遇面は整備できてきたので、あとは口だけ達者な奴と思われんように、やることはやらねば!!!(←それが一番大事)