コンテンツへスキップ

トランポリンのある新生活&ゴロゴロエンタメコンテンツ研究所の発展と向上

9月の終わり頃からまる2ヶ月、購入したスポーツマット上でバーチャルジョギングを行っておりましたが、だんだんと事務的に行っていることにたのしさを感じなくなったこと、さらに当初より身体に訴えるものを感じなくなり、たまたまネット記事で知り得て実践した「ジャンプ20秒+インターバル10秒」×4セットトレーニングに効果を感じたので、切り替えて2週間ほど経過。。。

ジャンプしながらほどよく疲れも感じ、なによりたのしく体幹を鍛えられ、そしてトータルしても2分間という短さの運動は合理性オバケには合っている模様(*’▽’)

こうなるとどうせジャンプするならば幼少期に(親に心配されるくらい)大好きだったトランポリンをしたくなり、トランポリンクッションなるものを早速ネットでリサーチ。

ここ最近せっせと寝床エリアの改良に勤しんでいたこともあって、ラグと寝具の間の隙間が埋められるサイズのものが望ましいと考えていたけど、割と労をせずにアッサリ見つけることができたので早速ポチっと。

届いてみたら想定通りジャストフィット(画像青い線)しちゃいましたとさ☆彡

しかも寝具エリアの高さ(画像赤い線)とも合ったので、これは嬉しい誤算(*’▽’)

就寝兼ゴロゴロエンタメコンテンツ研究所(ただゴロンと横になりながら、映画・動画を視聴しているだけの架空非営利組織)として活躍する寝床エリアは、あれやこれや買い足したり工夫したりでなんとかカタチに◎

今回の寝床改良作業により、以前バーチャルジョギングで使用していたスポーツマットレスは完全に寝具として扱うことが決定(‘ω’)

というのも、筆者は床の硬さでも寝れるレベルでマットレスは硬めが好みで、先日購入した10cm高反発マットレスが思いの外柔らかく、その上にスポーツマットレスを載せ→布団を載せて寝るのがちょうどよかった(笑)

寝る以外でもゴロゴロしたりローソファライクに使えるように、ある程度高さがあるマットレスの購入に踏み切ったものの、硬さばかりはレビューでは測りかねた・・・(‘Д’)

ただし硬さ以外の高さ・横幅に関しては申し分なかったので、こればかりは既に所有していたスポーツマットレスの存在に感謝するばかり(笑)

ちなみに10cm高反発マットレスの上にスポーツマットレスを載せるとどうしても滑るので、3つ折りマットレスの折り目2ヶ所にビニール紐を括りつけ、布団に掛けている敷パッドの四隅のバンドでマットレスごと固定。これによって寝ている間に滑り落ちることは免れている(笑)一番下には引っ越してきて初めに買った、ジョイント式スノコマットレスを敷いて湿気対策を。

以前は椅子として使っていたスツールには、寝具エリアのサイドテーブル代わりになってもらった!こちらも実はマットレス滑り防止に一役買ってくれている(笑)

部屋の別サイドには通称・刑務◎ベッドもあるし、ゴロゴロ生息できる場所が2か所もあるので、これぞパラレリストの真骨頂!!(ただダラけたい場所を拡張したかっただけw)キッズスペースみたいに家全体にマットレスがあるのも少し憧れはするけど、さすがにそれはインテリアの観点と経済的な理由で実行はしません!(笑)

自分自身が部屋に何を求めるかって、誰にも咎められず、できるだけ広範囲に寝転がれるエリアがあるかどうかということと判明したので、これからもあくなき探求の旅を続けるだろう・・・(旅をするのか寝転がりたいんかどっちや・・・)