コンテンツへスキップ

常識を疑い、常に変化に対応できる余力を残すことで、思考・行動の可動領域を広げる?!

ここのところガジェット妖怪の出番が多くて、実人格がどれだったかなんだか忘れてしまった筆者。だからといって住民票にキャラクター項目なんて届け出るわけではないし、いっそ毎日のファッションみたいに、人格を着替えてみてもいいかなと思い始めた今日この頃。。。

気づけば流行り病も変異、変異でそのうちナンバリングもおっつかなくなる未来も見えてきて、「そらウイルスも変異しながら生存するのに必死なんやろな・・・」とまるで宇宙から俯瞰でみているかのようなことを思ったり思ってみなかったり。人間目線でみると悪以外の何者でもないけど、向こうサイドからみたらまた違った感覚?なわけで。

別にウイルス側の立場になったわけではないけれど(苦笑)、ますます「変化できる」ことが生き残る上で重要なんだと気づかされたわけであります(‘ω’)

そもそも「パラレリスト」なる造語をつくったのも、常に変化に対応できるような姿勢の保持を脳内に刻み込むため。ここ数年の情勢や、風のように土に根付かず絶えず流れ続ける世間をみていたら、予見していたわけではないけど、取り組みとしては強ち間違っていなかったかなと。

そんな「変化」についてなぜ今改めて着目したのかというと、パラレルワーク先2社とも2022年から大々的なシステムの変更に伴い、その対応であたふたしている環境下に身を置いているから( ゚Д゚)

使い慣れていたシステム仕様或いはUI(ユーザーインターフェース)のチェンジはこれまでの業務に大きく支障を来すので、少しでも慣れておくために現在プレ期間として動いているけれど、もうみんなアップアップてんてこまい祭だワッショイ(‘ω’)ノ

今まで無意識に操作できていたことができなくなり、一から憶えなおすことは面倒ではあるけれど、何度か触ってみた体感としては、筆者としては新システムの方が動かしやすい(*’▽’)だけど同僚の大半がブーブー文句言うておられるので、同調至上主義の我が国において、ここで逆張りしようものなら反感かってハブられるんですよね~(笑)←何がおもろいねん

まぁ昔からそういう意味でハブられるのは苦痛とは感じないタイプだけど、マイノリティ側に全振りするのはさすがにアレなので「まぁなんでもあとは慣れですよね・・・」とやや”わかってまっせ”感というか、同調姿勢も持つようにしています(‘ω’)こんな自分でも、新しいことに挑戦するには必ず痛みが伴うのは理解できるし。。。

そして”社会通念”として蔓延る「常識」っていうのにも最近は疑問を感じていて、「みんながやっているから」「他の人がそうしていたから」という意見はまず疑ってかかることにしている(‘ω’)

これだけみたら厄介で面倒でだいぶ拗らせている奴やけど(笑)まぁそれに関しては間違ってないし、拗らせ上等!!!でなんでも常識で判断することは避けております◎

もちろん”常識”のなかでも医学的分野・化学的な領域は素人なので、そこには無謀な考えは持ちこまないし、取り扱いは厳重注意するけど、数年前にア◎ピーの症状が本当に酷く、複数の院を渡り歩いてもドクターすら首を傾げ、とりあえず処方された薬を塗るという途方に暮れた過去の影響は未だに大きくて。

藁にもすがる想いで毎日様々なブログを読み漁った結果、なんてことないロングセラーの市販薬であっさり快方に向かったことがあり(埋もれてしまって探す術がないけど、本当にその有益なブログを発信してくれた方に心の底からお礼が言いたい)、そこから症状は酷似すれど体質は千差万別だと改めて悟り、常識やマジョリティの意見を鵜呑みにしないことが自然と身に付くように。

体質にもよるしこの疫禍で声高らかにいうのは憚れるけど、「清潔にしすぎる」ことが返って皮膚にダメージを与えることを知り、そこからは洗いすぎることは避けており、そして「清潔にしなければ」という強迫観念は精神的にも善い効果をもたらすとは考えにくい。。。だけどこれって実際に人前で「最低限しか洗ってない」というときっと寄り付いてくれなくなるんやろな・・・(透明バリア被ったみたいになりそうw)

常識を疑い、そのうえで必要なら取り入れ不要なら排除。

アドベンチャー形式のゲームのように、なんてことない平凡な1日でも膨大な取捨選択を我々は行っているし、その小さな選択の積み重ねが人生を形成していくのならば、せめてその選択に自分の体温を持たせたい。

出来る範囲で立ち止まって考え、常識にとらわれず、絶えず変化できる余力は残しておいて損はないし、このことすら自分のなかの”常識”にしないようにする。。。

え、これって無限のループ??(笑)