ガジェット妖怪はOCNモバイルONEセールでMOTOROLAスマホを手に入れた!

はい!どうも~ロロ・アミーゴです!!

そうなんすよー・・・実はぶっちゃけー・・・本ブログで名乗る呼称を「ロロ・アミーゴ」にマイナーチェンジしましてね・・・はい~改めてこちらでご報告申し上げましたね~・・・(細かすぎるが伝わるかもしれない?デジモノインフルエンサーのモノマネw)

 

そんなわけで!!

前回ブログで予告してた通り、ようやく手元に届いたandroid端末の超個人的レビューや雑感などを備忘録的に遺しておきましょうかね!!!←もはや誰に言うてるかわからんw

先日妖怪がOCNモバイルONE※~2021.12.9迄(予定)セールを利用して手にいれた端末は・・・

今年10月に発売されたMOTOROLAmoto g50 5G」!!!

6.5インチの迫力に最初はおののきました・・・

なんせ愛機iPhone SE2ちゃんがコンパクトサイズなのでね・・・(‘ω’)

とはいっても昨今の端末では6.5インチは割とスタンダードかな??

ここでサラっと、妖怪目線で気になる個所のスペックご紹介を・・・

  • moto g5 5G
  • android11
  • MediaTek Dimensity 700
  • メモリGB/ストレージ128GB
  • バッテリー5,000mAh
  • 画面サイズ:約6.5インチ/重量206g
  • 指紋認証(電源ボタン兼)・顔認証
  • リフレッシュレート90Hz(60Hz選択可)
  • WiFi:IEEE802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)
  • NFC対応(おさいふケータイ非対応)

あくまで今回の選定基準のなかで、カメラや防水・防塵性能は気にしなかったので割愛いたしましたm(__)m

今では珍しい有線イヤホンが付属品として同梱されていたこと、純正透明ケースがついていたのは地味にうれしい・・・イヤホンジャックが付いている端末もだいぶと淘汰されたしね|д゚)

実は正直申し上げますと、「moto g50 5G」は完全ノーマークで候補にすら入っていない機種だった(‘Д’)スペックを改めて見返してみても、筆者が求めていたものがほぼない・・・(笑)

強いて言うなら5G対応であること、指紋認証(電源ボタン兼)・バッテリー5,000mAhが満たした条件かな・・・(‘ω’)そのなかでも指紋認証(電源ボタン兼)は絶対条件!!!画面内認証はまだまだ発展途上に感じられたので、もう少し性能が上がれば候補に入りそうかな??(ただしこれに関しては、保護フィルム添付が邪魔している説もある)

それ以外は特にこれといって惹かれるものはない(苦笑)メモリはGBやし重さも200g超えやし・・・ね・・・

ところがそんな端末を、なぜガジェット妖怪が手に入れることになったのか・・??

答えはカンタン!!

上述したようにOCNモバイルONEで音声通話SIM契約を締結し、NTT系列オンラインショップ「goo Simseller」で端末を購入するとなんと2,200※筆者購入時の価格※だったから!!!( ゚Д゚)※もちろんSIM契約している限りは、月々の通信費は別途かかります※

月々ではなく一括払いで2,200円!!!(大事なことは2回以上言う)こればかりは流石にスルーできませんでした・・・(笑)

もちろん衝動的にポチったわけではなく、事前に軽く同端末についてリサーチしたところ、比較的好感触な記事が多い中で、たまたま「可もなく不可もなく」とコメントを見つけてしまい、それが逆に購買意欲を掻き立てたところがあって・・・(笑)2,200円で可もなく不可もなくなんやったら、それって=合格やん!!!って脳内変換されてしもうたわけ(笑)

あとMOTOROLA製の端末をさわってみたかったこともあるので、それも潜在意識のなかで原動力になっていたかも??ちなみに前回のセールで買いそびれたの端末もMOTOROLA製別モデルだった・・・( ゚Д゚)これは完全にネタですが、起動時の謎セリフ「Hello,MOTO』が聞きたかったという理由も(笑)

SoCはみんな大好き(?)SnapDragonではなく、新進気鋭の「MediaTek」を採用しており、そちらも体感したかったという、いっちょ噛みマインドを満たす意味でも自ずと手がのびた(笑)

で、肝心要の使ってみた感想はというと・・・これがめちゃくちゃ気に入っちゃいまして(*’▽’)

当たり前ですがandroid端末はGoogleアプリとの親和性が高く、iPhoneユーザーなのにほぼGoogle圏内に生息していた妖怪からすれば、なんでもっと早くandroidに移行せんかったんやという気持ちが・・・(笑)

そら妖怪が使っていた頃のandroid端末はお粗末なスペックだったので(苦笑)、そこから10年近く時を経たらカルチャーショックやわ。。。

一部で「可もなく不可もなく」と評されていた「moto g50 5G」ですら、想定よりヌルサクを感じたっていうのに(あくまで筆者の主観)、これよりグレードの高いハイエンドスマホはどのくらいヌルヌルなんや??と、禁断の高みを目指しそうになる気持ちを今、必死に抑えております・・・(笑)

ほかにもMOTOROLAならではのジェスチャー機能がおもしろくて、2回振りかざしてライト点灯させたり、手首を2回捻ってカメラ起動など「魔法使いみたい!」と無邪気にたのしんでいる◎

 

参考程度に残念な点を挙げるとすれば・・・

  • 輝度が最大でも暗め
  • 重量206gはやはりずっしりくる
  • 各々の捉え方によってはスクロールの引っ掛かり、カクつきは気になる
  • 処理能力が求められるようなゲームでは物足りないスペック
  • カメラの性能は期待しない方がよい
  • おさいふケータイは使えない

ただこれらをある程度許容できれば、めちゃくちゃいい端末だと感じます◎

これがトリガーとなり、MNP乗り換えを駆使して徐々にグレードの高い端末を乗り換えていくという、わらしべ長者企画を温めているとかいないとか!!!(絶賛未定)

なんやかんやで新しいガジェット買ったらテンションあがるので、辞められまへんわ・・・