自己決定できること、休日を特別視しないことで得れたシアワセ

なんだかどっかの胡散臭いセミナーみたいなタイトルになっちまったけど( ゚Д゚)これはあくまで筆者自身がこうかも??と覚ったことなので、環境と帰来の性分によっては一概に賛成とはならないかもしれないけど、自分自身も後々参考にする記録として、文意はハチャメチャになることが予測できるけどとにかく書き綴ります(/・ω・)/

自己決定できることで得られる幸福度は、お金を得ることよりも高い

これはネット上でどなたかが書いていたコメントを抜粋したことなので、筆者には©つかないけど・・・とても学びになったので使わせていただきますm(__)m

もうこの格言??をみた瞬間、脳に閃光が落ちて目が眩んだ後にココロに響いた( ゚Д゚)( ゚Д゚)( ゚Д゚)

例えば欲しいものがあって、それを買うべきか買わざるべきかの選択を迫られた時、自分のお財布事情が芳しくから買えないことよりも、「これを買うのに〇〇に了承を得なくてはならない」というストレスは筆者にとっては極めて高く、如何にしたら買ってもらえるか相当苦労してプレゼンした後に「はい、ダメ~~~」と言われたときの〇意は計り知れない・・・( ゚Д゚)

あと学生時代にありがちな「門限」も、ただなんとなく親の都合で「〇時に帰ってきなさい」と言われるよりも、「明日テストやから早く帰って勉強しないと」の方がまだ諦めがつくというか。幸か不幸かうちには門限はなかったけど、不思議と周りの友達は家が厳しい子が多かったので、早く帰らざるを得なかったという思い出も添えておきます(笑)

例に出したエピソードが弱いからか思わず自分でも苦笑いですが・・・とにかく、少なくとも筆者にとっては「自己決定権」があることが、ストレスから解放される手段のひとつなのだと気づきを得れたっちゅーわけです!(無理やり締めたったwww)

休日を特別視せず、普段から7~8割くらいやりたいことをする!

これに関しては、スケジュールの調整が利くフリーランスやシフト制(休日希望が通る条件で)、有給休暇日を取得しやすいなどが前提とはなってくるけれど、「休みの自己決定権」はシアワセ度と直結する可能性を秘めている!!?少なくとも筆者自身、基本的は自分の意のままに休日シフトを操れるようになってからストレスが激減!!!

かといって、近頃は休みの前日だからといって夜更かしすることも減ったし、出勤前日だからといってやることを制限していないので(もちろん深酒は禁物やでwww)、休日/出勤日関係なくやりたいことを7~8割くらい消化できるといった、オンとオフのボーダーが薄くなったことこそが、自分にとっては幸福度爆上がり案件なのかなと。

それは1日当たりの勤労時間を減らしたことも要因で、まる1日休みが以前より明らかに減ったのに、普段から細かいタスクをこなせる(買い物だったり用事だったり)のはせっかち気質な自分には必要不可欠な模様。もちろん人によっては、1日当たりの労働時間は長くていいから、まる1日休みの日数が多い方がいいと感じる方もいるし、いずれにせよ「自身の裁量」でそれを決めれるかどうかがカギ!!!

結果わかったのは「環境」がいかに重要かということ

生年月日や星、血液型で性格が決まるとは思わないけれど、生まれ育った家族構成・環境によって性格が決まる/変わることはめちゃくちゃあり得る派だし、今回ダーっとひたすら考察めいたこと書き出したことで、「シアワセ」の感情を製造するには製造元の工場の職場環境が大事だなと改めて実感。「シアワセ」に釘が混入するアクシデントが発生したとしても、すぐに気づいて取り除いてくれる人員がいる、そして次から同じようなミスをなくす策を一緒に考えてくれるような場がポイントなのかなと。

故に人格を取り巻く「環境」を選択することが、人生にとって最重要事項なのだと脳にインプットできたってとこで、ここらでお開きにいたしますm(__)m