たとえそれが無駄遣いだとしても、他の誰かのためになるのかもしれない

ふと会社近くの公園の木々が、淡い桃色の化粧をしていることに気づき、季節の移ろいをようやく瞳で観測しました(*’▽’)

冒頭の流れからして”感受性豊かですよ”アピールをしたいところではありますが・・・花粉症(どうやら花粉より黄砂が一番の敵だと気づいた・・・)の悪化と、ちょっとした体調不良(芽吹きの時期ってやんわりだるい)が起こるのがゴールデンウィークくらいまで時期なので、春ってやつを謳歌できているとは言い難い・・・( ゚Д゚)今のところは事前対策でまずまずではありますが!

それでも流石に歳を重ねると、季節によっての体調のバイオリズムがなんとなく理解わかってきたので、梅雨時期くらいまではあまりやんちゃ(やんちゃって・・・)しない!と備えていますがね(‘ω’)油断大敵!!!

とここで話は変わり、さほど参考にならないであろう筆者なりの超個人的?!「マネーポリシー」をシェアしようかと。

まず始めに・・・節約・倹約するのが大の苦手な筆者でも、これまで書籍や動画コンテンツなどで見聞を広め、家計簿なり収支プランなりを練ってみたり、己にルールを課したりと、ありとあらゆるトライ&エラーを試みた結果、やはり性根からして苦手なものは苦手なんだ!!!と自覚するに至ったことをご報告申し上げますm(__)m特に数十円、数百円を切り詰めるのは心の底から向いていない。。。

「苦手なものはしゃーない!!!」と開き直りにも近い境地に達し、世に生息するプロ節約家から長文説教を食らったとしても、「シャラップ!!!言うこと聞いたらこの先の責任とってくれんのか!!!」と言いなおる自信すら芽生えました(笑)

こんな自分であっても生活に支障を来さない範囲での支出を心がけており、収入が時給制であるが故、月々に収入差があるのは想定内なので、スマホのメモ機能を活用してまずは暫定収入から固定費/積立金を差し引きいた額を保存。次に都度の支出を差し引いて記録しておくスタイル(クレカのmyページはタイムラグがあるので、その日のレシート金額を入力)が定着しております(‘ω’)ちなみに臨時収入/残業代は収入に含ずキャリーオーバーし、今や唯一現金払いの社食用として使ったり、急な医療費の為に備えています。

と、まぁ前記した流れはここ数年は変わっていないけれど、1年前につみたてNISAを利用し投信を始めたことで、己のお財布事情だけではなく、もっと広い意味での「お金」について考えるようになり、自分が貢献できる範囲の「経済活動」とは??なんてこともいっちょ前に脳内ディスカッションする機会が増えたり(‘ω’)

目先の「手数料」を悪だと罵るわりに、恒常的に月々1万円近くの通信費を支払うのは良しとする人が散見されるし、投資や仮装通貨を「危ない、怖い」と学びもしないでただ忌み嫌うわりには、なぜか宝くじだけはお守りみたいに購入する人は多い。それらに対してなんだかな~とは感じるけど、それはその人の価値観なので何も言えませんがね(‘Д’)←じゃあ言うなよ・・・

なんでもかんでも惰性で「手数料」を支払うのは論外として、利用しているサービスに対して「ありがとう」の意味を込めたチップとして献上するのであれば、それは無駄ではないのかなと考え改めはじめました(‘ω’)みんなが手数料の支払いを拒むことでサービスが破綻するのであれば、それは資本主義を愚弄しているような気がして(‘Д’)

話は逸れるけどタランティーノ映画「レザボア・ドッグス」の有名な冒頭シーンで、「チップが悪か否か」のディベートはかなり深いテーマやなぁと思いだしたりした(笑)

そんなこんなでシステマチックに贈りあうお中元やお歳暮制度には疑問に感じるけど、一個人としてお世話になったと心から感じる方や、誰かを想っての贈り物に関しては悪いとは全く思わないし、それを無駄だと感じる人間にはなりたくないなと、そんな或る春の思考でした(‘ω’)

About the author