惑星アミーゴ的プロジェクター元年☆彡毎晩のように映像鑑賞たのしんでます♪

プロジェクター1台投入したことで、なんとも冴えない筆者のナイトルーティンにこんなにも華が添えられるとはいやはや驚きました(^_-)-☆

仕事から帰ってきてもろもろ家事を片付けた後、晩酌しながら映画/海外ドラマを観るのが日課になりつつあります(^^♪

メイン生息地であるダイニングチェアを並べただけのこのコーナー、試行錯誤してあれこれカスタマイズした結果、寝転びながら映像を観れるまでに成長を遂げました!!!

こちら普段は椅子として活用していて、ご飯を食べることはもちろん、ネットをしたりブログを書いたり、日中の動画視聴は引き続きテーブル上の愛機・VAIOくんで行っているのですが、ナイトショー上映する際はスーツケース側に上半身を預けて、リクライニング的な姿勢での視聴をたのしんでおります(^_-)-☆

プロジェクターで映像コンテンツを観る際は、せっかくなのでダイナミックさや映像壮美さなどを重視し、これまでチョイスしていたジャンルの作品ではなく、敢えてあまり通ってなかったバイオレンス/アクション系(元々カンフー映画は好きですが)さらには最新CGを駆使したものなどを選んでいる!

昨年映画館で鑑賞した「1917」をプロジェクター映像で観直したら当時の情感が蘇って鳥肌がたったし、スクリーンサイズで観ることで初めて、映画作品が持つ本来のパワーを感じ取れるんだなと。極端に言えばストーリーの捉え方も変わるのかもしれない?!

音楽アーティストのライブ映像もビッグサイズで再生すればその場の空気を吸い取れて、思わず踊りだしちゃいました!!!(しかしその後すぐ有線ヘッドフォンの線が突っ張り、踊りは断念した模様・・・)

ストーリーや内容よりもとにかく迫力があるものは大画面で!キャラクターの関係性や心情を読みながら、話をじっくりなぞりたいものはパソコンで!などの使い分けしようかと。

ちなみにデメリットや気づきなどを挙げるとすれば・・・

  • 大画面を長時間観ると疲れる
  • プロジェクターランプには寿命がある
  • せっかく音響設備を整えたとしても、近隣への配慮が必要になるかも?!

これはプロジェクター本体のスペックやその日のコンディションで個人差があると思いますが、筆者自身は映画1本分(約2時間)をプロジェクター映像で観たらちょっと眼精疲労を感じました。しかし我が家の機器はルーメン数が低いが故夜しか上映できないので、ちょうどナイトショーオンリーでよかったのかもしれません(‘ω’)

そしてこれは機械ものの宿命ではありますが、プロジェクターランプには寿命があるし、その他不具合でメンテナンスが突発的に必要になる可能性があることも、留意しておくべきかと(‘ω’)

あとこちらに関しては、プロジェクターを使用する部屋の構造や設備にも左右されますが、特に集合住宅では音に関して特に注意が必要!筆者はハナからヘッドフォンないしはイヤホンでの使用しか考えてないけど、スピーカーサウンドを愉しみたい!という方は防音対策をとるか、もともと適応できる環境での視聴を行わないとトラブルに発展しかねない(‘ω’)

なんやかんやとごちゃごちゃ考えを張り巡らせはしたけど、プロジェクターを手に入れてよかったので、今年に入って今のところはお買い物チャレンジ??成功の模様(笑)