2021年新春!!!「いや、結局買うたんかい!」グランプリ開催のお知らせ※リライト有※

自分でもびっくりしました。

前回のブログで「ある程度お金が貯まったら、質の良いプロジェクターを購入します!!!」と声高らかに宣言したにもかかわらずです。

もう手元にプロジェクターがあるんですよ??

信じられますか???

きゃわいいYouTuberさんなら「ひとめぼれしちゃったので、お迎えしちゃいました☆彡」生配信からの信者からの投げ銭祭♪ワッショイワッショイで済まされますが、ただひたすら超個人的な雑談をダラダラ書き綴っているブログの書き手が、そんなこと言おうものなら執行猶予なしの禁固刑ですわ。。。

そんな婉曲表現をしたとて、買ってしまった現実は列記とした事実なのですから、今回購入したプロジェクターについてちょいといきさつという名の言い訳&ご紹介をさせてください。。。(初めからそう言え)

イントロダクション

「プロジェクター貯金」なるものをしようと計画したけど、ある程度目星というか予算を設定しておいた方がええかなと、パソコンを開くたびにプロジェクターについてコツコツ調べていたんです。

「プロジェクター 〇〇」などエゴサーチを繰り返していたのち、何度目かで「山善 キュリオム プロジェクター」という商品がヒットしたので、「あれ、山善もプロジェクター出してるんや~知らんかったなぁ」と、以前どこかでもお話したようにライスクッカー、カーボンヒーターは現在も山善メーカーを所有しているので興味本位でクリックしたが最後。。。

Amazonサイトで6,000円というなんともおっかなびっくりサプライズ価格だったので、椅子から転げ落ちそうになりました( ゚Д゚)

「いやー、またまた~」とノリツッコミ導入前のようなセリフを吐きながら、とりあえずそのページを開きながら別ページで同機種を調べてみたところ、いずれも最安で7,000円くらいで表示されていたので、6,000円がいかに安く、且つ騙されているほどの安さでもないことが判明( ゚Д゚)

しかもカートには「残り1点ご注文はお早めに!」と、あたかも筆者にだけ強烈なメッセージを放っているかのようなあの例の謳い文句・・・

ここでいったん冷静になろうと、再び別ページを開いてYouTube先生へアクセスし、同機種のレビュー動画を何点かサクっと視聴してみても、プロジェクターに多くを求めないビギナーには申し分ない模様。しかも以前検討していた1万円台のプロジェクターと比べても遜色ないレベルで、強いて言うなら「ルーメン」数値が低いので明るい部屋では観づらいかなというくらい。あと起動音が気になるかな?といったレビューもあるけど、パソコンだってファンの音がするわけだし、機械ものはある程度許容すべきかと。

プレプロジェクターとして試しに使ってみる!

結局欲しい!という熱が冷めやらぬうちに、手の届く範囲の価格を目にしたらまぁそりゃ止められやしまへん!!!(笑)

正直プロジェクターに関しては素人すぎるので、万が一値の張る機種を購入したところで「え、こんなんなん??」って戸惑ってしまうよりもお試しとして、「プロジェクターたるもの」を経験するのは得策なのでは??と、折り合いがついたとこで無事に残り1点を購入させていただきやしたm(__)m

使用していくうちに「こういう機能が欲しいなぁ」というリクエストが発生したら、その時に上位モデルの購入を検討しようかと。。。

スポーツや楽器と同じで、まずは手に入りやすいチープな道具で慣れてみて、もっと高みを目指したくなったらクオリティを求めるみたいなものでしょうか。(ええように言うたら)

いざ!ロードショー!!!

早速開封し同梱物を軽くチェック( `ー´)ノ

本体が軽くてびっくり!!!大きさも国語辞典みたい!!!(しょぼ過ぎるメタファー)

問題なさそうだったので、事前にシミュレーションしていた拠点からセッティング☆彡

映し出されるスクリーンを逐一確認しながら角度を調整。予想より少し手間取りました”(-“”-)”急遽ディクショナリー風小物入れ(ちょうど使途がなかったので助かったけど)を下に置き、画像の赤マル印タブレット/スマホスタンドを使ってレンズをやや上向きにすることでジャストな位置を得れた◎コツは”高さ”よりも”角度”だなと学んだり。。。

レビューにもあったので想定内ではあったけど、電源アダプタのラインが短め!我が家はたまたま延長タップがちょうどええ位置にあったからよかった( ;∀;)

今では無用の長物になってしまっていた(涙)Amazon Fire TV stickさんにご登場いただき、設定を終えていざ!!!

 

ロードショー!!!

 

ででん!!!

 

うひょー!!!やっぱ大画面のドルーグいいっすね( *´艸`)

ちなみに我が家のプロジェクターと壁の距離を計ったら2.5mの長さがありました。スクリーンサイズとしては80インチ←後日少し角度を変えたら100インチくらいにサイズアップになった!!!(^_-)-☆(あくまで目測ですが)

思っていたよりも画質はええし、あくまで”プロジェクター入門編”としては最適な機器ではなかろうか(^_-)-☆ただし上述したこと以外にいくつか懸念点があるので、箇条書きでまとめてみました。

  • リモコンの単四電池は付属していないので用意必要!(たまたま家にあって助かったw)
  • 起動音は気になるといえば気になるけど、個人の感覚に委ねられる!
  • 本体の音質は期待しない方がよい!→後日確認したらそこまで音質は悪くない!Amazon Fire TV stick経由でBluetoothイヤホンを使用/本体に直接繋げたSONY有線ヘッドフォンどちらとも試しました◎
  • 3900ルーメンあると記載されていたけど、やはり日中の投影は厳しい!(レイトショーと割り切れるなら問題なさそう!)

あとこれは筆者の使用しているWiFi側の問題なのかFire TV stickの関係か、動画再生中電波が切れやすかった。←後日確認したところ、Amazon Fire TV stick経由でWiFiBluetoothイヤホン同時に使用するとどうも電波が悪いようなので、SONY有線ヘッドフォンでの視聴をメインにします◎

いずれにせよ、これはプロジェクターに限らずとも”自分がどう使いたいか”が一番重要で、明るい時間帯もヘビーに使いたい人もいるし、音質にはこだわりたい人もいるだろうし。願望とすり合わせながら好みのスペックが搭載された機器を選ぶのが最適解の模様。

あれこれ書いたしまだ少し工夫する点があるけれど、筆者は購入してよかった!!!レンタルして試そうかとも考えたけど、結局レンタルもそれなりに値がはるしね(‘ω’)

ちなみに大きいスクリーンでどうしても動画を観たくなった理由のひとつに、今ハマっているAmazon Primeオリジナルドラマ「BOSCH」に出てくる主人公ハリー・ボッシュのハリウッドにある邸宅からの景色を観てみたかった(笑)

そしてUSドラマ/映画のカーチェイスやガンアクション、アクロバティックなシーンの迫力を最大限にたのしみたかったわけです(^_-)-☆わかりやすくハードボイルド系ドラマ&小説にハマりつつあるので(笑)

もしあのままPCモニターを買ったとしてもきっと同じ使い道だったろうし、価格の面でも機器本体のコンパクトさにおいても、今回はプロジェクターを選んでよかったです(^^♪

※同機種の価格は日々変動しているので、都度ご確認願いますm(__)m※


山善 キュリオム プロジェクター 3900ルーメン 32-120インチ フルHD対応 ホワイト YLP-80HD(W)

About the author

変幻自在”パラレリスト”当サイト管理人≪amigo≫