どうなるナニワの街?!都構想(大阪市を廃止し特別区を設置すること云々)の行方これいかに?!

筆者の住まう街でも街頭演説の声が連日連夜鳴り響いております。。。普段の選挙よりも白熱しているのは、やはり直接自分たちに関係する点が多いということもあるのでしょうし、住民の関心もいつになくヒートアップしております。

ちなみに前回の住民投票では本当に僅差で否決されたこともあり、今回の世論調査でもかなり拮抗しているところをみれば、たった1票が政治を動かすことになるかもしれないと考えると、生半可なテキトーな気持ちで臨めないという空気が市民に流れているような。。。(あくまで体感ですがね)

ここで都構想についての私見や考察、反対か賛成かを明示するつもりはありませんのであしからず。。。ただこれからもしばらくは住む街である以上「自分には関係ない!」とは言えないので、まぁ差支えない程度におしゃべりしようかと(‘ω’)

マニフェストや税金の使途、既得権益、公的サービスなどのことはさておき、我々に直近で大きく関係あるとすれば「住所(住居表示)が変わる」こと。職場の人たちともその話題が多く、「お宅は何区になりますか?」という質問を、ここ最近の出勤時は頻繁にしている気がする(笑)おもしろいことにみんな4区(あくまで暫定の)バラバラだったりするので、運動会の組み分け的に考えてる呑気さ・・・でも大多数の住民はこんなもんやと思う(笑)

筆者自身ふるさと(地元)への愛着心、望郷に関しては壊滅的な方ですが、ナニワに対する想いは割と強固。ただそれは世間一般的なコッテコテ色を守り続けたい!ってわけでも、ここ最近の近代的デザインを纏った商業施設や、争うように連立しているタワーマンションにケチをつけたいわけでもなく、ただただ「生まれ育った、そして今も暮らしている」という気持ちが乗っている意味だと自己推察。

今回の投票に対しては既存サービスや権利を存続させたい!!市をなくしたくない!!!とかではなく、「未来ある若い人たちに、今自分はなにをしてあげられるのか」と考えていて、それに対するアンサーを反映させようかなと。

近頃めっきり歳を重ねたからか、”ヤングジェネレーション(デジタルネイティブジェネレーション)のために何が出来るのか”を重点的に考えるようになったのはSF系映画をよく観るよーになったのも関係しているのか??(笑)地球って外(宇宙)からみたら恍惚とするくらい麗しいのぅ・・・|д゚)ナンノコッチャ

いずれにせよ既に期日前投票により自分の想いはシルバー箱に託したので、あとはどうなるか見守るのみ!ですがね( ^^) _旦~~

About the author