スタイルを持たないのがスタイルだと、ブルース・リーも言っていたことだし

10月に入ってから明らかに気の流れが変わったように感じます。

年明けから全世界で猛威を振るった(現在進行中やけど…)例のウイルスから始まり、そこから目まぐるしく情勢が変化。プライベートでは夏に10年暮らした街から出て新たな生活を始めたり、この秋からは3年以上勤めた仕事の雇用元が変わったりと、なんやかんや慌ただしく動いていたものがようやくひと段落といったところ。

これを俗に”停滞”と呼ぶのであれば、空気が変わったと感じているのは強ち間違っていないのかな。。。特別ショッキングな出来事があったわけではないけれど、びっくりするくらいスイスイ運んでいた物事が、ほんのちょっと躓くことが増えたような??あくまで体感ですが。

それを払拭するためなのか目を向けないためなのか、あだち充ワールドにどんどこハマってのめり込んでしまったけど、想定よりハイペースで散財しちゃったなぁと今更ながら反省・・・( ゚Д゚)こればっかりは性格なのでしゃーないけど。。。(お得意の自己完結)

しかしここで「運気が下がった」と思いこむとどんどんドツボにはまるので、「今までがうまいこと行き過ぎてたな」と考察し今が自分の”スタンダード”と思うようにしよ(‘Д’)

ってなわけでひとまずエンタメの課金はしばらくお休みして、Amazon Prime特典で観れる映画を1本ずつ丁寧に観始めたり(今まで同時進行で観散らかしてたからw)YouTubeやbilibiliで試聴できるコンテンツをたのしんでおります(‘◇’)ゞそれでも細々と英語学習は続けていた成果もあって、以前よりは洋画のセリフが聞き取れるようになったから、せっかくなのでもっと英語力を付けたい!!!

夏から躍起になって自分の趣味嗜好を定義づけたりラベリングしたりしていたけど、それによって「これは自分の好みでないからスルーしよ」と効率化をはかろうとしていたことに、なにか虚無感というか、時間の無駄をしたくないと考えるほどなにか大事なものを失っているかもしれないと気づいた。だけどそれらをいったん取っ払って、その時の直感・気持ちの温度を大事にしよ。それに好きなものだけに目を向けすぎると見失うものもあるかもやし!!

タイトルにしてますが、筆者が参考にしているブルース・リーの哲学には「スタイルを持たないのがスタイルだ」という信条があって、まさに今自分自身がスタイルを決めつけにかかっていたので、停滞期を逆手にとって今一度立ち止まり、フラットな状態からはじめてみることにしましたとさ(‘ω’)

About the author