【The NEXT STAGE】この度10年間過ごした街を出ていくことになりました。

少し前にブログでもしつこく(笑)話題に出していましたが・・・この秋に現在暮らしている部屋が契約更新を控えているため、ブログ上の直近では”名義替え”をして引き続き同じ部屋に住むことを決意。

<直近の流れは下記リンクを参照ください>

「え!!!いい部屋が見つからへんの?それやったら名義を変えればいいやん??」

現在の部屋はもともと暮らしていた身内名義のままなので、契約更新のタイミングも手伝い、筆者の名義に変えて正真正銘・正々堂々と住みたい!の気持ちが芽生えてきて。。。それからすぐに管理会社へ連絡を入れたのですが思いもよらない提案が( ゚Д゚)

部屋の名義変更は可能ですが、保険などの手続きは新規契約になるのでお金は発生してしまいます。それでしたらちょうど<アミーゴさん>の真上の部屋の退去が決まったので、リフォームしてキレイになりますし、条件・金額は変わらないので、ご希望ならそちら(上の階)へ移ることもできますよ」とのこと( ゚Д゚)

突然のことですぐに回答ができず、少し考える時間をいただいたのですが・・・上の階に上がるということが昇華的な意味で悪い話ではないと感じたこと、住み慣れたマンション(建物)で部屋がきれいになるなら良いかな・・・ってことで後日提案を受ける旨の連絡を入れ、新規契約手続きへ・・・

一方でなんと時をほぼ同じくして、別の街で新生活を始めていた身内から連絡が入り、あろうことか「管理会社から連絡あって、ウチのマンションの部屋にも空きが出たって!!!」との話もいただいてしまい・・・( ゚Д゚)そちらは職場2ヶ所どちらからも離れるけど(電車通勤になる)ずっと住んでみたかった街だし、なにより家賃が今より2万円安いうえに条件・環境も申し分ないあのマンション・・・一瞬うろたえましたが・・・上述した契約の話が進んでしまっていたので、その話は見送ることに”(-“”-)”

そんなこんなでこの時点では現マンションの上階への引っ越しを決めた筆者。

6月某日、あくる日の仕事帰りに管理会社の窓口へ契約書類を持参するアポをとっていたのですが、その日の夜はなぜか言い知れぬ不安感に襲われてあまり眠れず。。。いざ当日になると不安感は消えるどころかより大きくなっており、午前中は仕事が全然手につかなくて・・・”(-“”-)”

冷静になって考えると、自分の収入からすると今住んでいる(これから住もうとしている)部屋はややオーバースペック気味。突然の提案に勢いで乗っかったけど・・・そもそも審査が無事通るのか???”(-“”-)”仮に審査が通ったとしても、当たり前だけど毎月家賃を払い続けなければならないし、2年契約の途中で万が一払うのが厳しくなったら(はやり病の関係もあって、色々先行き不透明すぎるし)違約金とられるのはモッタイナイ・・・( ゚Д゚)そんなことがぐるぐるぐるぐる頭の中を駆け巡ったのち、「やはり固定費(家賃)を下げて生活にゆとりを持ちたい!身の丈に合った暮らしがしたい!!!」と目が覚めた筆者( `ー´)ノ

「幸いまだ契約書を提出してないから、引き返せるとしたら今しかない!!!」と、昼休憩のうちに管理会社へ連絡を入れ、その場で契約のお断り電話を行う始末・・・(笑)そして契約取消が片付いたら間髪入れず身内に連絡を。

一度お断りしてしまったけどまだ可能であれば、身内と同じマンションの空き部屋に入りたい旨を伝えてもらい無事に交渉が成立☆彡万が一空きがなかったら少しの間アドレスホッパー生活も覚悟しましたが、タイミングよく筆者を待っていてくれてよかった(笑)この時は今年一番ホっとしたのであります( ;∀;)

通常の賃貸契約とは順序が逆で、入居を決めてから後日内覧へ行ったけど、想像よりめちゃきれいでうれしかった(^^♪収納もないし3点ユニットバス(現在アトピー改善のため、シャワーのみで済ましているので妥協できる)だけど、モニター付オートロックも備ってるし、日当たり・風通し良好◎10年もの間暮らした洗練された(と世間的に評価されている)街とはガラっと変わり、雑多で活気溢れる下町が自分の性分に合っているし、身内が同じマンションに先に住んでいる安心感も◎そして何より家賃がガクっと下がったことで生活にゆとりができるし、今まで以上に積立に回せるのは大きな強み☆彡

もちろん住みはじめたら予想外の不具合やトラブル発生もあるだろうけど、もし合わなければいつでも新たなステージへ行ける心づもりは常にしておくし(といってもなるべく違約金発生しないように契約は全うしたい)とにかく今は変幻自在「パラレリスト」を名乗る自分からしたら、新たなフェーズへ移行できることがめちゃくちゃたのしみで仕方ない(^^♪いくつになっても落ち着きがない・・・(笑)

端から見れば「なんや、ただの引っ越しやん!」と思われそうですが・・・筆者の場合実家というものが存在しないので、どちらかというと「引っ越し=その街との決別」なのです。特に地元に居た時は良い思い出があまりないので、よほどのことがない限り戻るつもりはないかな・・・(たまに用事で行くことはあっても)”地元”はあくまで親が選んだ土地であって、自我が芽生えた筆者にはどこで暮らすかは選択する権利があるのだし、土地勘がないところで自分なりのテリトリーを作るのが今は愉しみで仕方ない(^_-)-☆

これからも風のように一定の土地に根付かず生きていくのだろうな~とは思いますが、ただ昔の自分とは違い、今の職場・仕事はできるだけ変わりなくない気持ちが強くなってきたので(現状、仕事があるだけでもありがたいと思うし)、次動くとしてもしばらくは通勤圏内をうろつくと思われますがね(笑)

そんなわけで!!!奇しくも?!自身の誕生月である8月からパラレリスト・アミーゴのNew Lifeがスタートします☆彡

About the author