≪”習慣づいていたことを辞める”ルール≫が習慣づいてきたので卒業式を執り行います!

今年に入って「なんとなーく習慣づいていたこと」を辞めるべく、”習慣づいていたことを辞める”ルールを設けて日々実行していたのですが、なんとなーくしてた無駄を排除できるエネルギーを持てたし、(あくまで主観的ですが)意識改革ができたので”習慣づいていたことを辞める”ルールからの卒業~♬(By 尾崎豊)ってわけで卒業式がてら記念ブログをのこします☆彡

ちなみに幾度かのバージョンアップを経て、最終的にのこったルールは下記のとおり。

  • 出勤時に飲むホット/アイスコーヒーは持参!(出勤時以外はたまに購入OK)
  • 出勤時にペットボトルのお茶を買わず、手作りレモン水or手作り麦茶を持参!
  • なんとなくコンビニへ行くのを辞める!→週日↓まで利用可能(1日回迄厳守!)
  • 1、2日ノーマネーデーを実施!
  • 基本晩酌は焼酎ハイボール!!ビールは週日のみOK!

本心を言いますと、習慣づいているからとて自分で生計を立てている以上「ある程度多めにみておくれよ~」っと甘ったれ根性が芽生えたことで、”習慣づいていたことを辞める”ルールを潔く卒業しようと思った次第でございます( ;∀;)要するに「これ以上ルールに縛られたくないんだ!!!」と筆者の心の”尾崎”が発動したのです(笑)

とはいってもこの”習慣づいていたことを辞める”ルールを実践したことによっての学びはあったので、約半年という短い期間でしたが、改めて振り返るとチャレンジしてみて本当によかった!!(*’▽’)

個人的に「これは良かった!」と思う点は、なんとなーく足が向かっていたコンビニの利用回数が確実に減ったこと!「仕事中に飲むコーヒーは、コンビニコーヒーを飲みたい」と出勤時のコンビニコーヒーのTo Goを許容しておりましたが、まんまとレジ横などに目を誘導され、コーヒーだけではなくちょこっとつまめるお菓子も買ってしまっていた・・・(-“-)ところがマイボトルに自宅でコーヒーを淹れて持っていくようにしてからは、スーパーで事前に買いだめしているお菓子を持参することで、昼休みの度にコンビニへ行く必要がなくなったのです◎

その代わり??手作り弁当の傷みが気になる季節に突入したこともあり、お昼ご飯は好いものを食べよう!と、ランチ代を毎月の予定支出表に計上!!イレギュラーにランチ代がかかると後でしんどくなるので、初めから予算を組んでいたら心持ち軽くなりました(*^_^*)

あとは「ノーマネーデー」の意識付けが身についたのは良かったのですが・・・先にノーマネーデーの日程を決めてから前日に買いだめしているやり方だと、「明日はお金が使えないから、必要以上に買いだめている」ことに気づいて”(-“”-)”後で振り返ったら無駄していることがちらほら発覚!お金を使わないことを意識しすぎて、お金を使いすぎているなんて本末転倒事案勃発”(-“”-)”なので週1日などの制約を取っ払うことに。

皮肉なものでなぁんにも考えてない休みの日に限って、めんどくさくて外に出たくない(そういえばSTAY HOMEはまだ有効なのか??)→嫌でもお金を使わない→冷蔵庫にあるものでなんとかする、という流れの棚ぼたノーマネーデーが発生することが多々あるし(笑)水面下で噂されてる第2波がどうとか、それがなくとも震災はいつ起こるか予測できないので、ノーマネー云々より保存食を兼ねたレトルト食材&缶詰などをストックしておく方がお金使いたくない日に飢えをしのげるし(笑)賢明に思えてきた(*_*)

そして・・・

 

最後にして最大の卒業を考えた動機・・・

 

それは・・・

 

ビール!!!( ゚Д゚)( ゚Д゚)( ゚Д゚)

焼酎ハイボールも慣れてしまえば、ビールを飲むことなく日々を過ごせたんですが、、、超個人的な体感として、なんか元気がでぇへんな~と悶々としていたんです。。。ただ単にその時の体調がイマイチだったのかもしれませんが、どう考えてもビール飲まなくなってから覇気がないというか。

で、久しぶりにビールを飲んでみたら・・・

うんまぁぁぁ!!!(*’▽’)(*’▽’)(*’▽’)

そらやっぱりね、好物やからうまいに決まってるやん!!!(笑)ってなわけであっさり元気出てしまいました(^^)/その代わり晩御飯を少なくして(又はカロリーを低く設定して)1日の終わりをビールで締めくくることは許してもらおうかなと(誰に乞うてるんや・・・)もちろん休肝日は設けますが、嫌でも体調悪いときは飲みたくないので、ノーマネー同様あーだこーだ予定付けするのは辞めます( ;∀;)学習能力!!!

そんなわけで”習慣づいていたことを辞める”ルールからは卒業しますが、インデペンデント・ライフがスタートしているので気を引き締めならがも快適な生活を過ごしたいです!!!

About the author