「え!!!いい部屋が見つからへんの?それやったら名義を変えればいいやん??」

気になりだすとトコトン気が済むまで追及してしまう粘着質な割に、急に何の前触れもなく冷めてしまう・・・どーしよーもない筆者であります。。。笑っておくれよ。

まぁ今回も例にもれずお部屋探しの件で。

「不動産のことばっかり気になるんやったら不動産会社勤めたらええやん!!!」・・・ええ、実はもう勤めているんです、あんまり仕事してないだけで!!!( ;∀;)

近頃は出勤するたびに不動産ネットワークサイトとにらめっこをしているのですが、時期が悪いこともあって(今は一年で一番不動産が停滞するといわれている時期)、これ!と思う物件に巡り合えないとため息をつく日々。

そもそも改めてなぜ引っ越しをしなければならないのかというと、、、

  • 今年の秋に賃貸契約の更新が控えている
  • 気分を変えたい
  • 家賃を少しでも下げたい

上記の大義名分??を背負っているため。

ところが現在契約者である身内に賃貸契約について今一度確認をしたところ・・・実は巷で裁判沙汰にまで発展した例もある「賃貸契約の更新料」については払う必要がなかった(*_*)ずっと懸念していた「更新の時期に必要な金額」とは、①短期保険(2年に1回)②保証会社(年に1回)の保証料のみなので金額としては大げさに考えるほどではなかったのです(*_*)

「気分を変えたい」というのはパラレルアドレス(住所だけ移動させる※非公式※)を導入する案もあるし、家賃を下げたいといっても、ある程度の利便性と最低限の設備を考えれば今の住まいは相場中の相場(何だったら更新料が不要なだけ良心的)であることが判明。気づいてはいたんですが・・・ちょっと夢見たかった(苦笑)

そんなこんなで勤め先の代表兼相談役に事情を持ち込んだところ、「血縁者であれば”名義変更”を了承してくれる可能性が高い」とのことで、引っ越しが不要不急なのであれば管理会社に名義変更をお願いする方がいいのでは?とのこと。(管理会社によっては、正当な理由があっても新規契約になるケースがあるのであくまでお願いベース)

実は名義変更も考えたことはあるにはあるのですが、当時は「家賃を下げたい!!」「気分を変えたい!!」気持ちが強かったので保留にした”(-“”-)”でも今回不動産のスペシャリストである代表兼相談役に言われたら説得力の重みが違う”(-“”-)”となったら言われた通り、一度管理会社に聞いてみようかなという方向に。

もちろん断られる可能性(新規契約に誘導される)があるので、その時はその時で引っ越しをする覚悟ができるかもなと。とはいえ、自らがオーナーでもあり管理物件を複数持っている代表兼相談役がいうには(ミルクボーイちゃうで)、現在の超絶不安定な情勢において、今の時期に引っ越されても次の入居者がすぐ見つかるか不透明だし、名義変更してでも家賃発生を止めたくない気持ちの方が強いはずだと。(それはアマチュアながらにも想像がつく)

まだどう転ぶかわからないけれど、名義変更で済むのであれば経済的な面も助かるし、未知の新たな住居に賭けるよりは10年慣れ親しんだ部屋の方が、今は精神的に善いのかもしれないなぁと気持ちがシフトしつつあります。”気分を変えたい気分”も変化するだろうし・・・。(常習中の常習)

こればかりは管理会社次第なので、しばし果報は寝て待ちましょうかね( 一一)

殺伐とした話題が続いたので(いつものことか??)一時は危機的にしょんぼりしてたけど、青々と元気を取り戻しかわいい新芽が出始めたうちのグリーン達の画像を貼っておこう(^^♪

About the author