案の定給付金の前に住民税通知が届いて愕然&パラレルアドレスを実践します!

【Attention!!】

今回の記事は筆者の超!!!個人的な見解、着想、行動を綴っており、社会通念上のものではございません。決して推奨しているわけではなく”こんな考え方の人もいるんだな”程度に、ご理解いだけたらありがたいですm(__)m

10万円より前に住民税の請求が届いたダメージ

こればかりは例年通り時期が決まっているので、どうしようもないのは頭のなかでわかっていたのですが・・・この情勢でも滞りなく税金の請求はくるのか( ;∀;)血も涙もありゃしまへん!!!とひとりで叫んだとかいないとか。

もちろん昨年度より大幅に収入が減った方、失業された方などには何らかの措置が講じられるとは思いますが、自分の場合は収入の額が微動だにせず・・・寧ろ想定外の残業分が増えてましたので(微々たるものですがね!)粛々と上納せざるを得ないことくらいは理解してますが・・・「な~な~!!!ちょっとくらい負けて~な~!!!」と言いたい気持ちは大いにあり(苦笑)

まぁ結局ふってわいた?!10万円は住民税でほぼほぼ相殺になることで、もういっそ何にも貰ってへんかったと思たるねん!!!( ;∀;)

パラレリストらしく、パラレルアドレスを

ただでさえ落ち着きがないし気分や意見が秒単位で変動する性分なので( `ー´)たった24時間内でもあーでもないこーでもないと引っ越し(この秋に賃貸契約の更新を迎える)のことについて考えがあっちゃこっちゃいきます。。。

で、ようやく自分のなかでちょっと気持ちの在り処が掴めたというか「きっと気分を変えたいだけなのかもな」という結論に現時点では着地。

現在の住まいは2ヵ所の職場どちらにも徒歩圏内に位置しているので(←そんなことは最初から解ってたやろ!というツッコミは覚悟の上)、よっぽど家賃がガクンと落ちないと引っ越しするメリットがない。。。だからって職場からあまり遠ざかりすぎると、これはこれで通勤時間がネックになってくる。。。

「じゃあ一体どうしたいねん!」と自問自答&自己裁判にかけたところ、引っ越し後たのしそうに暮らしている身内の話を聞いてたらうらやましい!と羨望の気持ちだけが先行し「自分も新たな街で生活したい!!!」となったのかなと( ;∀;)そら身内は引っ越し先が前よりも勤務地に近づいたから楽なった=たのしいよなぁ(笑)

なので「気分だけは引っ越ししよう」と思いついたのが”パラレルアドレス大作戦!!!”・・・ただ単に公なアドレスを身内の住所に置かせてもらうだけです”(-“”-)”ちょっと前に話題になった「アドレスホッパー」とは逆?で、住まいは固定だけど住所は別のところへ置くという変則っぷり(笑)※推奨するものではないです悪しからず※

この作戦の何がメリットかといえば、気分だけは別の街で暮らしているけど、身は動かなくていいからお金がかからない!!あと何らかの事情で(この情勢だから何が起こるかわからないし)今の部屋を突然引き払わざるを得なくなり、スーツケースと身ひとつのそれこそ”アドレスホッパー”になったとしても、身分証明はあるので賃貸契約、マンスリーマンション、ホテル仮暮らしも可能なので心強い!(←何故か証明書、資格は重んじる変わり者)

デメリットとしては郵便物が住まいとは別のところへ行く、税金などは届けている管轄の遠隔で支払う必要がある。。。くらいでしょうか。とはいっても明細類はほぼWEBにしているし、最近はダイレクトメールくらいしか届いてませんし、問題はそこまでないです!しかも身内が住んでいるので後日とりに行けますし。税金なども近頃はネット経由でカードで支払っているから特に問題ない!それにその頃には引っ越ししているかもですし。

とりあえず不安定な社会なので、状況を見極めてあまり無茶に動くのは控えよう・・・(果たしておとなしく出来るのか・・?)

About the author