自然派がすべて合うわけではない?!試行錯誤したなか最近の考えなどを

【Attention!!】

今回の記事は筆者の超!!!個人的な見解、着想を綴っております。社会通念上のものではございませんのでご理解の上拝読願いますm(__)m

常に肌トラブルがついてまわる人生

超がつくド敏感肌なもので、これまで生きてきて肌トラブルには本当に本当に苦しめられております( ;∀;)思春期になんの治療もせずに過ごせていた今思えば奇跡的な数年を除いては、現在進行形で何かしらの悩みをかかえております。。。

幼少期から成人し地元を離れるまで皮フ科へ断続的に通院しておりましたが、アトピー性皮膚炎というものに「完治」という概念はほぼないとの情報を得てからは、サプリを試してみたり、食生活を少し気を付けてみたり、スキンケア・シャンプー・メイク用品に至るまで自然派ナチュラル・無添加なものに変えたり、自分ができる範囲内でいろいろ試行錯誤を重ねてきました。

同じ悩みを持つ方のブログを読み漁り「●●療法が効果あった!」「食生活を変えたら劇的によくなった!」など、キラキラした体験談を拝見し、取り入れられることはチャレンジしてみたりもしましたが・・・結局続かないことが多い( ;∀;)体質改善をするには人間の体内サイクルを考えると長期的なプランで臨まないとダメなことが多く、ゴールが見えないことを苦手とするせっかち人間にとっては修行といっても過言ではない( ;∀;)長くても3ヶ月以内で頓挫すること多数。。。

最近たどり着いた自分なりのアンサー

アレルギー体質でアトピー持ちだからって実は1年間を通してずーっと悪いってわけではなく、数少ないマシな時期もあるんです。その中でわかってきたのは春と秋の季節の変わりめが一番症状がひどく、それ以外は悪いなりにもまだ気にしないでいられることも。

ならば酷いとわかっている時期は必要以上に人と会うような予定を入れない!!逃げるが勝ちってやつです!!(←使い方間違っていると思う)まぁこんな鬼の首とったかのように言わんでも、今年の春は例の流行り病の影響で仕事以外の外出は買い物くらいだったし、それがなくとも根っからの引き籠り体質ですが(笑)

あまり性に合わない好きな言葉じゃないので避けていましたが・・・伏せて言うと「アフター〇〇〇」な状況になったとしても、上述したように体質的なこともあって「ひとり緊急事態宣言」な暮らしは続くと思われます(笑)

一概になんでも「自然派」が合うわけではない?!

「ナチュラル」「自然派成分」「無添加・無着色」etcな商品も、肌に馴染むものがあれば合わないものがあるということをようやく知りましたね”(-“”-)”サブリミナル効果というか「自然派=体に良い!」と植え付けられていた。。。でもよくよく考えたら、風邪ひいたり体調悪かったら結局病院行くし処方薬や市販薬を使用するわけですし、身体に気を遣うことは決して悪いことではないけれど、”自然派を使うことが正義!”な考えはちょっと違うかなと。。。(完全なる私見です)

例を出せばシャンプー・トリートメント類なんかは敢えてノンシリコンを選んでいましたが、地肌が改善されたわけでもないし寧ろ髪にダメージが増えてきたし、今あるものを使い切ったら以前まで長く使っていたものに戻そうと考えています。世間的には何故か敵対視されているシリコンだってメリットはもちろんあるし、そのメリットが自分に必要なものだったら無理に辞めなくてもいいかな。

ヴィーガンという様式もだいぶ定着しましたが、自分自身は無理してまで取り入れようとは思いません(*_*)動物を愛する気持ちは大切なことだし倫理観は共感できますが、魚やお肉を食べると元気を戴けるから「食べない」という選択肢はない!(鶴瓶師匠・・・)単純に経済的なことで「今日は牛肉買えまへんわ・・・」はありますが(笑)しかもヴィーガン/ベジタリアン志向な商品って割高だから家計的にも難しい( ;∀;)だからって加工食品に頼らない食生活を意識するとなるとさらに難易度上がりますしね( ゚Д゚)

まとめ

そんなこんなでダーっと超個人的な考えを書き綴りましたが、簡潔に一言でまとめると「ほどよく取り入れ、ほどよく諦めよう」ってなことです(*_*)「諦める」っていうと安西先生にお灸を据えられそうですが(笑)でも「諦める」ことって決して悪いこととは思ってなくて、要所を見極めて時と場合によっては「諦める」ことをうまく利用できたらいいかなって思っています。あ、何でもかんでも諦めるのは言語道断でっせ!

About the author