約10年ぶりに正式な我が城を構えるぞ!&この事態で初めて気づく仕事(社会との関わり)の大切さ

さてさて。連日こちらのブログにぶちかましてますが、この度幻のワンルーム時代を除けば約10年ぶりに我が城を持てることになりました!!!(*’▽’)パチパチパチ!!!

といっても秋の賃貸契約更新時までに現城の引っ越しを予定しているのですが・・・仕事の関係上、地理的には今のところから3駅以上は離れるわけにはいかないので、当初思い描いていたようなある程度設備が充実した物件だと、現城と賃料がさほど変わらない現実に直面してしまい(前からわかっていたことではありますが、さらに濃厚になった)もしかしたら更新関係なくもう少し先になるかも??(*_*)今回に関しては自分だけの問題ではなく、国全体の動向にもかかっているのでなんとも言えまい・・・。

そして弛んでいた考えを改め、次に引っ越しをするとしたらもっと身の丈にあった(今は若干オーバーしてる)最低限の設備の安い家賃の物件にするぞ!!!中途半端に欲をかくのを辞める決心をしました( `ー´)ノ

まだまだ先の事は予測できないので、今はとりあえず現城を自分色に染めるべく、ちょこちょこメンテナスをしながら愉しむ気持ちでいます(^^♪

現在は緊急事態宣言による外出自粛ムードによりお家仕事が捗ることも相まって、ひとり暮らしには不必要な家具類を粗大ゴミで出したり、反対に必要になるアイテムをフリマアプリで買い足したり、レイアウトの見直しなどを行っております☆彡季節柄かこの事態の余波なのか、粗大ゴミの回収予約をとるのにも2週間以上のタイムラグがあるので、このタイミングで筆者が幼い頃から傍にあり「実家」と考えていたアンティーク調バタフライテーブルを思い切って手放すことに( ;∀;)ア、アバヨ

使い勝手は申し分なく重さだけがネックで・・・フレキシブルに配置換えができないのはマイポリシーに反するのでお別れを決めましたが、元来ヴィンテージやアンティークなものって大好きなので、重さだけクリアできたら持って行きたかった・・・( ;∀;)別離の前日には記念写真撮って筆者メモリーには残しておきまっせ!!!

ちょいと話題が変わりますが、この「流行り病がもたらした非常事態によって気づいたこと」に自分なりの追加事項ができちゃいました。

タイトルにもありますが「仕事(社会との関わり)」の重要性について。

事あるごとに「仕事しんどい~業務量減らんかな~」と同僚とブーブー言っているうちが華なんだということを再確認しちゃいました(*_*)もちろん心身に悪影響をもたらす仕事は言語道断ですが、どちらかといえば悪い気をもたらすのは「仕事」ではなく「職場・環境/人間関係」であって「仕事」そのものが断たれたら一件落着かといえば決してそうでない。

特に独立自家生計で成り立つ我々にとって、「仕事」が社会・世界へのパイプの役割を果たしているし、大人になるとわかりやすく成果が肌で感じられるのって仕事くらいしか思いつかない。(趣味やボランティアでも体感できますが、仕事でいう「成果」とは違う性質に思える)ネットビジネス、SNSや動画、ブログで収益を上げている人だってEveryone(ネット世界のみんな)との繋がりやレスポンスがあってこそだし、本当の意味でアイソレーションすれば”個人”を保てないのだということ。

給与補償がなされても仕事へ行けずに孤立無援になってしまったら、今度は「無償でもいいから仕事がしたい」と願う人が増えそうだし、筆者もきっとそう考える気がしてなりません・・・(引きこもり体質だけど、まったく外の世界に出れないとそれはそれで困る)

突如発動した変則シフトによって、業務量に対して人員が足りていないという悲惨な我が職場ではありますが、同僚と協力しながら一緒の目標をもって業務をこなしている状況を体験して初めて、「生きているな、生かされているな」と感じちゃった皮肉(*_*)

このイレギュラー体制がいつまで続くかはわかりませんが、これまで何となく進捗していたことが出勤人数を絞ることによって可視化された部分もあるので、元の体制に戻るのではなく何かしらステップアップ、バージョンアップさせないとなあ。。。

話がゆるく脱線しましたが、とにかく仕事(社会との関わり)の大切さについてお話しましたとさ!

About the author