元の世界に戻る発想は捨て、誕生するであろう新たな世界に迎合していかねばという話

【Attention!!】

今回の記事は筆者の超!!!個人的な見解、着想を綴っております。社会通念上のものではございませんのでご理解の上拝読願いますm(__)m

人との関わり方が見直されている?!

今回のこの流行り病がパンデミック相当にあたると発表されたあの日から、「人とソーシャルディスタンスをとって、濃厚接触は避けてください」と連日連夜メディアがこぞって発している言葉、裏を返せば幼いころから「お友達と仲良くするよーに!」と口酸っぱく教えられてきた道徳や倫理を真っ向から否定しているように思うけど、それを言ってしまえば築き上げてきたヒューマンリテラシーが雪崩の如く崩れてしまいかねないので、今まさにギリギリのところで留まっているように感じます。

あれよあれよという間に、人と数分間だけでも近距離でコンタクトをとることすら憚れる世の中になってしまったし、気の合う仲間との会合やお気に入りのカフェでの飲食ですら”悪”とされかねないこの事態は、群集心理の恐ろしさ・マスメディアが人間の深層心理にえぐる様に植え付ける影響の怖さをまざまざと見せつけられました。。。

その一方で、内向型/HSP気味である筆者としては、自分が苦手とするものが軒並み自粛ムードになっている状況に、不謹慎ながらも少しホッとしているのが正直なところ(*_*)なんとかかんとか自活できるくらいに今は生きていますが、たらればの話をすると、もし自分が経済的に余裕がある中流家庭以上で育っていたら、引きこもりニートになっている自信があるくらい、必要以上に行う人間とのスキンシップには積極的になれない”(-“”-)”

ところがこの情勢のなかでは、これまで社会に対して”生きづらさ”を感じていた自分の性分が、今になって活きてきてほぼストレスがないなんて・・・なんたる皮肉(*_*)

これまでの常識やセオリーが通じなくなるのかもしれない

2020年4月7日に施行された「緊急事態宣言」がいつ解除になるのかはまだわかりませんが、いつか解かれることになっても、「流行り病がなかった頃の世界」には戻らないと推測し、まったく「新たな世界」の始まりになる予感。即ち、これまで常識とされていたルールが大幅に変わるだろうし、仕事や日常生活、さらには人との関係性にまで波及するのではと考えています。

あくまで憶測ですが、IT技術の発展・向上により、これまで団体(大きくは国単位、都道府県単位、細かくいえば企業、世帯など)に紐づけられていた個人個人の属性や犯罪歴をデータベース化することによって、これまで隔たりになっていた団体にアクセスしなくとも、万国共通でIDひとつで閲覧することも可能になるのでは?!そうなると”国”というボーダーがもっと薄まっていきそうな気もしないでもない・・・はたまた”地球国”の誕生か?!(*_*)想像は尽きない・・・

結論!??新たな世界に迎合できるトレーニングをしよう!!!

壮大なテーマでそれらしいことを述べたものの、結局のところは臨機応変・変幻自在に適応できる頭は持っておこう!という自分への再確認事項です(笑)だからって何でもかんでも信念を曲げることはしないし、譲れない拘りを捨ててまで合わせようという謙虚さは持ち合わせておりませんがね(*_*)

About the author