”フェーズフリー”なパラレルスタイルの構築を今後目指していく意向を固めた

連日連夜見通しの立たない不安定な日々ではありますが、それでも時の流れは無情にも過ぎていくので、どう転んでいくのかわからない世界情勢のなか、ただただ平穏を装いながら日常生活を取り繕う毎日であります(*_*)

2020年幕開けと同時につみたてNISAを始めたので、ここ数週間の株価が暴落っぷりにえらいこっちゃでびっくりはしているのですが、始めて間もなく投信基準価格下落メールが毎日のように届くよーになったので、筆者にとっては「こんなもんなんか」と解釈してしまっていますが( ゚Д゚)長年投資をしている人からすれば阿鼻驚嘆の事態なのですね・・・( ゚Д゚)インターネット上でしか投資家の声をきくことができませんが、断末魔の叫びがあちこちでコダマしているので、それをみて初めて「この事態は尋常ではないのか・・・」と実感。

とても呑気な言い方で申し訳ないですが・・・こればかりは誰かだけがめちゃくちゃ損しているわけではなく、世界中のほとんどの人が何らかの打撃/ショックを受けているわけで・・・「自分だけは助かった!」という人の方がマイノリティなのだとしたら、もうみんな仲間(ドルーグ)やん!といつもは感じない”繋がり”を妙に感じてしまっているのが皮肉(苦笑)

そんななか知り得た”フェーズフリー”なるキャッチコピー。平常時と非常時のどちらでもスイッチできるものをさすのだそうで、筆者自身が好きな合理性のあるものがラインナップされていて、今後の所有物・モチモノのテーマに取り入れようかと考えました。

前回のブログで記したように、ファッションに関しては”機能的”であることをある程度念頭において揃えているので、大きい括りにすると”フェーズフリー”にあたるのではないかと。バッグ・鞄に関してもオシャレさは二の次で、メインで使用するのはワンショルダー/バックバッグ型、肩から下げれるトートバッグのみに。靴については「ある程度長い時間歩いても疲れないか」というのを指標にしております。

お金に関してはメインはキャッシュレス支払いなのですが、1,000円札・100円玉・10円玉の3種類はいざという時必要かもしれないので手元にある程度はおいておいたりと、モノに関すること以外のところにも”フェーズフリー”を心がけていく意向をさらに持ち始めました。

とはいっても”買いだめ過ぎる””持ち過ぎる”はこれまで同様自分のなかのセオリーにはなくて、非常時に役立つからといって食べたくない保存食を備えたり、使えるかわからないものを過剰にストックするのは違うかな。その代わり「保存もできるし、普段から好きなもの」に関してはある程度の備蓄はする考えになりました。例えばオロナミンCが好きすぎるので普段からストックはしているし、最悪冷やさなくてもある程度日持ちするので引き続き所有します(^^♪

About the author