なんとなく支払っていた金額約14,000円(固定費/流動費)を削減することに成功しました☆彡

既に若年層ではなくなり不惑に近づいている年齢でようやく「お金について学ぶ」ことのたのしさを感じております(‘◇’)ゞ

為になるYouTube動画や実用書を見漁るたびに「なんでもっと実生活に関係するお金のことについて教えてくれなかったのか!」と嘆くものの、学生時代の自分がその姿勢でなかったから誰かを責めはできない・・・しかし願わくば未成年の段階で、お金のことを取っ掛かりだけでもいいから知識を入れておきたかった(-_-)

とにかく今は学べなかった青春時代を憂う時間さえモッタイナイと、頭に詰め込める領域の(自分自身の生活に落とし込める範囲内で)お金にまつわる勉強を、時間の許す限り行っています(^-^)

何故か世間的には「お金の話をするのは下品」だなんて風潮が未だありますが、でも生活するうえで一番大事なことだし、少ない手取りであってもお金に対する高い意識を持ち、少しでも無駄なく血となり骨となることに使う方が遥かに実用的だと思う(^-^)趣味:お金でも全然OKだとも思う!(笑)

そういった筆者もかつては「宵越しの銭は持たぬ」マインドに近く(苦笑)ある分をあるだけ使っていました。家庭の事情で借金をせざるを得なかったのも、身内全員がその精神だったので、誰一人としていざという時に自由に使える蓄え(余裕)がなかったということが要因のひとつなのだと今になって痛感。(もちろん他の要因もありますが)

とはいっても実は本当にお金に対して意識しだしたのは、収入が安定しだした昨年あたりから。それまでは月の収入が不安定だったので、積立に回す余裕すらありませんでした|д゚)収入が今よりも少なく不安定だったにも拘わらず、固定費を見直しもせず「支払うもの」として自動引き落としになっていたし、食費も何気ない気持ちで外食したりカフェに入ったり。。。今思うとそりゃ貯金できまへんわ!とこぼれるため息(-_-)

ってなわけでやたらイントロダクション長すぎましたが・・・本題はここから(‘◇’)ゞ

2020年”習慣づいていたことを辞める”ルール固定費(通信費・保険)の見直しによってどのくらいお金が浮いたのだろう??と計算してみたところ、タイトル通り約14,000円!!!

  • 出勤時のコンビニコーヒー代約1,500円カット
  • 晩酌代約月10,000円→月約3,000
  • 通信費(WiFi、サーバー代)月約1,200円コストダウン
  • 共済保険月4,200円支払いストップ

チェーマン以上浮くなんざ、今までの自分は何をしていたのかと嘆くばかり(-_-)

しかし今までの筆者なら「浮いたチェーマンで何か買おう!!!」と浮かれていましたが、ここは学習したことを活かすため「今自分に何が必要か?」と問うてからじっくり使途を決めます!!!あんなに騒いでいたガジェット購入も波が過ぎたのか(税金の支払いの影響もあるけど)絶賛ストップしているので、そのあたりのことも追々考えよう。。。

ネット界隈では「ファイナンシャルミニマリスト」ならぬ言葉がスポットを浴びているようで、「もっとお金を有意義なことに使おうぜ!」的マインドがじわじわきているようですし、筆者もそのウェーブに乗ってみようかなと思っています!

About the author