≪はじめての節税対策≫ふるさと納税制度を利用して税金軽減&返礼品をいただこう!※追記あり

ここ数週間くらい熱心にアメリカの人気テレビシリーズ・ウォーキングデッドを鑑賞していましたが、思い入れのあるキャラがあまりにも残虐な手段でフェードアウトしてしまい、見事なまでに心をバキっとへし折られこれ以上ストーリーを追う気力を失い離脱。その後のあらすじをファンサイトで閲覧したり、共演者たちのオフショット動画などは引き続き観ますが。そんなわけでようやく現実に戻ってきました!どうもパラレリストアミーゴです。

さてさて年内はクレジットカードの新規申し込みを行うのは辞めようと決めていたのですが、、、ASPサイトA8.netのセルフバック(自己アフィリエイト)の報酬に目がくらんでしまい(苦笑)つい最近退会手続きを行った、楽天カードの国際ブランドを改めつい先日再度入会をいたしました。

その流れでなんとなく楽天サイトを覗いていたら「ふるさと納税」の広告がチラっと目に入り、「そういえば来年度はこれまでよりも税金が増えるので、節税対策もかねてふるさと納税をやってみよかな?」と急に思いついてしまいました!

なんとなく「返礼品が貰える!」という欲張りな部分の予備知識+「節税にもなる」ということだけは知り得ていたので、節税対策の入門編?として年内のうちにチャレンジしてみようかと。

ふるさと納税サイトは複数存在しますが、前述したようにせっかく楽天カードを新たに作り直したので、「楽天ふるさと納税」サイトにて楽天カード決済で利用してみることにします!

とはいっても現時点では、支援したい自治体をはっきりと選出できておらず( ;∀;)これから筆者自身の限度額内であること、初めてなのでできるだけ少額であることを前提にしばし時間を使って考えてみます。

ただし来年の確定申告分に反映させたい意向があるので年内には実行に移す予定( *´艸`)

やはりなんやかんやいっても返礼品基準で選んでしまいそうな、がめつい心があることは素直に打ち明けておきます。。。(これまで聖人君子を気取ってたわけちゃいますがw)

しかしセルフフォローするわけではございませんが、”ふるさと納税制度”自体「今まで無知識・無関心であったけれど、この機会に他府県の人たちがいろんな土地を知ることができる」というメリットも見据えていたのと勝手に解釈しているので、たのしみながら節税もできたら一石二鳥ですね!

改めて実際にどの自治体に支援を行ったかなどを記録する予定です(^^)/

※追記※

再入会した楽天カードが手元に届いてすぐ、楽天側のシステム障害の影響で出鼻くじかれてしまい・・・来年度の確定申告分に反映するふるさと納税は辞退することにしました。

慌てて行ってもよいことがないので、年が明けてからじっくり計画しつつ、その先の確定申告のことを考えることにします(*^_^*)

About the author