【確定申告】初めて国税電子申告・納税システム”e-Tax”を利用して申告しました!

便利なサービスはとにかく利用してみたい!との好奇心が強めの筆者。怪しい業者やサービスは論外ですがクラウドサービスを利用して仕事を受注したり日常の支払いはキャッシュレスをメインにしたりと、ネット黎明期を知っている年代の割には?!ネットサービスに対して特別なアレルギーなく取り組んでいる方だと自負しておりますが、、、確定申告だけはアナログ方式を採用していました(^_^;)

何故今までe-Taxを利用しなかったのか

ここでいう「確定申告のアナログ方式」とは公共交通機関を利用し、税務署(または確定申告臨時会場)赴いて職員さんに確認をしてもらいながら申告すること。

筆者が上記アナログ方式をとっていた理由は大きく2つあって、1つは「税金に関わることなのできちんと税務署の人に確認をしながら申告をしたい」といったもの。

もう1つはマイナンバーカードを作る必要性を感じないので今も作っていないのですが、e-Taxだとマイナンバーカード必須だと思い込んでいたこと。

しかし!ここ数年で飛躍的にオンラインサービスが普及しだした影響からか、2019年からはマイナンバーカードがなくてもe-Taxが利用できるID・パスワード制を導入したりと国税庁もいろいろ動き出していましたので、今年は思い切ってオンライン上で確定申告をおこなうことに。

e-Tax申告の流れ

e-Taxトップ画面から「個人の方の申告書作成はこちらから」を選び→「作成開始」→「e-Taxで提出する」→「利用に同意して作成する」とここまでくると【利用者識別番号】とパスワードを求められたので、前年度の控えを確認しながら【利用者識別番号】と憶えていたパスワードを入力。

するとパスワードが3年連続同じものを使っていたので、変更を要求されたのでその場で変更。

するとID・パスワード方式の利用が可能ではなかったので「無理なのかな」と思いきや・・・すぐに例年まで確定申告会場で入力していた画面に切り替わったのでそのまま進めました。

あっけなく申告は終了し申告書類PDFファイルをダウンロード。最後に「提出書類」の確認をして終了しました。時間にして10分かからなかったくらい(笑)

筆者はマイナンバーカードを持っていないので、マイナンバーが記載された通知カードと本人確認証のコピーが必要で、さらに源泉徴収票と生命保険額が記載された書類を税務署へ郵送することで完了でした!

こんなにあっけないのであれば早くすれば良かった・・・(苦笑)ただもっと業務を効率化させるべく来年からのことを考えてマイナンバーカードを取得も検討しようかなと思ってきました。

費用についてのこと

ちなみに確定申告を所定の臨時会場ですると交通費500円弱かかるのですが、今回e-Taxで申告したので交通費はかかりませんでした。

が!パラレル先1号にはプリンタがないのでコンビニプリントで本人確認をコピーしたり、源泉徴収票などの「添付書類」を税務署に郵送するのに、念の為追跡が付くレターパックライトを使用したため、結果500円ほどかかりました(笑)

やはり来年度以降の為にマイナンバーカードを今のうちから作っておくことにします!

 

About the author