| 初回投稿日:2018年11月17日 | 最終更新日:2018年11月18日 |

【IP電話/050電話】LaLa Callを解約し、SMARTalk(IP-Phone SMART)に戻すことにします!

The following two tabs change content below.
アミーゴ

アミーゴ

天下の台所在住/4つのパラレルワーク(複業)をこなす月収1☆万円30代パラレルワーカー/王家衛映画・UK&USインディー・中島みゆき・お笑い・ドキュメンタリーが好き/ヤドカリ歴9年目/好きなコトバはビートたけしの「人生に期待するな」

ちょうど1年前の今頃、キャリアから格安SIM【mineo(マイネオ)】に乗り換えました。

mineo(マイネオ)】に乗り換える前まで利用していたIP電話(050)は、楽天コミュニケーションズの【SMARTalk(IP-Phone SMART)

【050IP電話】SMARTalk(IP電話)を1年使ってみての感想

ノマド・クラウドワークをするにあたり、IP電話は業務上必要になるだろうと引き続き利用しようとおもったのですが、、、

mineo(マイネオ)】と親和性がある【LaLa Call】へ乗り換えて、転送サービスを利用することで留守番電話サービスを実質108円で設定することに。

【格安SIM】mineoお留守番サービスEXを解約しLaLa Callへ転送設定しました。

そして1年ほど経った今、IP電話の見直しをしてみました。

通話する頻度を考えた結果、コストパフォーマンス面で【SMARTalk(IP-Phone SMART)】を再度契約することにいたしました!(新規で契約するのでもちろん050電話番号は変わります)

SMARTalk(IP-Phone SMART)】に戻した理由は、、、

  • 月額基本料金がかからない!(料金は使った通話料のみ)
  • 留守番電話サービスを設定できる!
  • 仕事でそこまでIP電話を使わなかった!

主に上記3点です。そこまで使わないIP電話に月々108円と言えど、お金がかかるのはいかがなものか・・と思ったのです(^_^;)108円でも1年間にすると1,296円。それを通話料と考えたら、そこまで電話しないな~と気づきました。

まずは転送サービスを解除し、【LaLa Call】を解約

mineo(マイネオ)Aプラン(auプラン)では【1420】にコールすることで、転送サービスが解除できます。

筆者は【LaLa Call】を解約する前に転送サービスを一旦解除。

さらにeoマイページよりログインし、【mineo(マイネオ)】会員メニューが出るので、【コンテンツサービス解約】を選び、【LaLa Call】を選びます。

LaLa Call】を解約!

SMARTalk(IP-Phone SMART)】を新規契約

SMARTalk(IP-Phone SMART)】トップページへ行き、「お申し込みはこちら」から手続きを進めます。

メールアドレスと表示されている文字列を入力したら、該当アドレスにメールが届き、そこから電話番号認証を行い、個人情報を入力していきます。

登録が完了して再度ログインすると、設定ができる画面に。

ここで留守番電話の設定ができます。

留守番電話に切り替わるまでの呼出時間と、留守番電話に録音された場合メールでお知らせするかなどを決めれます。

ちなみに筆者は呼出時間10秒メール録音データファイルを添付してもらうように設定。

SMARTalk(IP-Phone SMART)】アプリの設定

SMARTalk(IP-Phone SMART)】アプリをダウンロードし、最初のアプリ立ち上げ画面でSIPアカウントパスワードを求められるので入力。

待ち受け画面はこんな感じです。

mineo(マイネオ)】転送サービスを設定

再び【mineo(マイネオ)】の転送サービスを設定します。

mineo(マイネオ)Aプラン(auプラン)では通常の通話画面から【1422】をコールし、転送したい050電話番号をガイダンスに従って入力。

筆者はかかってきた電話に応答できなかったのみ、転送するサービスを設定しました!

きちんと転送⇒留守電⇒録音⇒メールになるのかテストを実施。

きちんとメールが届きました!

しばらくまたSMARTalk(IP-Phone SMART)】にお世話になりますm(__)m

過去記事一覧

過去記事はコチラ