| 初回投稿日:2018年10月28日 | 最終更新日:2018年10月29日 |

《ヤドカリアミーゴ》新たなヤドカリ先発見?!キャッシュレスOK/鍵付防音個室・24時間営業【快活CLUBリラックスルーム】が快適すぎる!

The following two tabs change content below.
アミーゴ

アミーゴ

天下の台所在住/4つのパラレルワーク(複業)をこなす月収1☆万円30代パラレルワーカー/王家衛映画・UK&USインディー・中島みゆき・お笑い・ドキュメンタリーが好き/ヤドカリ歴9年目/好きなコトバはビートたけしの「人生に期待するな」

終電を逃したとき、家族や同居人に邪魔されず試験勉強や、持ち帰りの仕事を集中して行いたいとき、筆者のように多拠点で暮らしたいひと、、、

理由は様々ですが、ほかの人に邪魔されず「おこもり」したい時ってありますよね。

だけどその為に、他に部屋を借りたり、ビジネスホテルやシティホテルを利用するにはお金がかかる・・・(金銭的に余裕がある人は別として)

かといって、図書館やネットカフェ/漫画喫茶だと、どうしても近隣の物音や気配が気になって集中できない。。。

多拠点”での生活を考え出した筆者自身、このあたりのことがネックで動けずにいました。

そんなモヤモヤした気持ちを抱えてたとき、とあるネット記事を目にしました。

 

快活CLUBリラックスルームの存在を知る

ひょんなことから知りえた快活CLUBリラックスルーム

「新しいネットカフェかな~・・・」なんて、何気なく読んでいたところ、、、

 

「これは・・・自分のための施設でないのかい??」

と、なんだか自分自身が設定した”多拠点生活”を後押ししてくれているかのように感じたのです。

※「快活CLUB」と快活CLUBリラックスルームはコンセプトが違うのでご注意ください

 

快活CLUBリラックスルームはネットカフェではない!

なによりも快活CLUBリラックスルームのシステムに、まず一番驚いたこと、

それは、、、

 

個室に鍵がかかるじゃ、あ~りませんか!!!

風営法により、所謂ネットカフェ/漫画喫茶は「鍵をつけられない」「完全密室にできない」との規制があるのですが、

快活CLUBリラックスルームは、「ホテル」に漫画やパソコン、ドリンクバーを置いているといった、まさかの逆転の発想!!!

そのため、外出も可能、飲食の持ち込みOK!(ただし快活CLUBリラックスルームが提供するドリンクバーは、指定のスペースで利用する条件)

 

気になる快活CLUBリラックスルームのシステムは?

店舗によってシステムが変わりますが、【なんば心斎橋店】を例に出しますと・・・

  • 入会費:無料(身分証明証提示要)
  • 途中外出可能
  • シャワールーム:無料(15分)/各種タオル・ブランケット・スリッパ・手元灯無料貸出
  • 無料Wi-Fiあり
  • コインランドリー:洗濯1回300円/乾燥30分100円
  • フロントにてブルーレイドライブ・DVDプレーヤー・カードリーダー無料貸出
  • アメニティグッズあり(有料)
  • 金曜・祝前日18時~日曜・祝日(翌平日)18時までは週末料金
  • 1人でワイドルーム・VIPルームを利用の場合は、2人分の料金になる
《平日入店時間0:00~23:59》 レギュラールーム/ワイドルーム/VIPルーム
最初の30分 300円
延長10分 100円
3時間パック 1,100円
6時間パック 1,700円
9時間パック 2,400円
12時間パック 2,600円
24時間パック 4,600円
《金曜・祝前日18時~日曜・祝日(翌平日)18時迄》 レギュラールーム/ワイドルーム/VIPルーム
最初の30分 300円
延長10分 100円
3時間パック 1,400円
6時間パック 2,000円
9時間パック 2,700円
12時間パック 2,900円
24時間パック 4,900円

※料金やサービスは変更の可能性がありますので、最新情報は公式サイトを参照願います。

実際に快活CLUBリラックスルームへ行ってみた!

ネット記事を読んだときは、「まぁ東京近郊だけなんだろうな」と達観していたのですが、再度時間をおいて調べたところ・・・

 

筆者の生活拠点にも、あ~るじゃありませんか!

と、わかったその1時間後には店のフロントで会員登録していた、この謎の行動力(笑)これはアクティブ系インドア派のなせる業といえよう・・・

 

快活CLUBリラックスルーム】なんば心斎橋店は、心斎橋筋商店街から少し東に入ったところにあります◎

新規なので、まずは有人フロントへ行き、会員登録を済ませます。

会員登録といっても、名前・生年月日・住所・電話番号入力のみ!

入力後、端末をスタッフさんに渡し、身分証明証を提示。

すんなりと会員証を発行していただき、快活CLUBリラックスルーム】の簡単な説明を受け、レギュラールーム(フラットor多機能ルーム)/ワイドルーム/VIPルーム(1人でワイドルーム/VIPルームを利用しても、2人分の料金が必要)の中から希望の部屋を選びます。

今回はリクライニングチェアに座りたくて、「多機能ルーム」をチョイス◎

料金は自動的にお得なパック料金を適用してくれるので、フロントでは時間指定なし

 

カードキーを受け取ったら、フロント向かって右手にはドリンクバーカフェコーナーが。

備え付けのドリンクバーは、画像のカフェコーナーのみ利用可能(個室への持ち込み不可)※ただし外で買ってきた商品は個室に持ち込みできる。

何気にスパークリングアイスティーがあるのは嬉しかった(笑)

カナダドライのジンジャエールもあったり、筆者の好みなドリンクバー◎

カフェコーナーの横には、漫画と雑誌がありましたが、本当に限られた数しかありませんでしたので、”いっぱい漫画を読みたい!”って方は、ネットカフェ・漫画喫茶をオススメします!

快活CLUBリラックスルーム】はあくまで”休憩””宿泊”としての利用が好ましそう。

 

ドリンクバー&カフェコーナーを抜けたら、エレベーターにイン!

フロアガイドみて、なんとなくの位置を把握。

筆者が今回利用する「多機能ルーム」がある2階に到着。

なんば心斎橋店は2018年8月30日OPENしたので、かなり内装がきれい!

廊下にはポット&電子レンジもあったり!

コインランドリーや・・・

シャワールームや・・・

無料で貸出してくれるバスタオルや・・・

ドレッサーや・・・

なんて至れりつくせり!!!

 

で、メインの個室・・・見たいでしょ??(誰に言うてるんや)

 

でもまだ慌てないで!!

 

まずは、個室にはカードキーが備わっており、貸与されたカードでピ!

ちなみに「多機能ルーム」は、VRも楽しめるそうです(有料)

筆者はVR酔うことに気づいたのであまり向いてない気がします(苦笑)

 

 

では・・・

 

お待たせしました・・・

 

 

見せましょう!!!

 

これが!

 

なにわの!!!(なんば心斎橋店ってだけ)

 

 

 

多機能ルームや~~~!!!

 

 

 

 

画像見た感想「お、、、お・・・ん(思てた感じや)」

 

まぁ大体想像どうりだとは思いますが(^_^;)

 

でも!入った瞬間、「思ってたより広い!」って感じました。

なんていうか、思ってたよりワイド!

 

リクライニングチェアが結構優秀なので、高速バスもこんな感じだったらいいな~なんて思いました!

ってなわけで、3時間ぐらいこのブログを書きながら過ごしましたが、その間にちょこちょこトイレやドリンクバーでカフェタイムしたり。

なかなか漫喫より満喫できたので(急なダジャレ)また近いうちにインします!

 

ちなみにお会計は電子マネー【QUICpay(クイックペイ)】で!電子マネーは今のところ有人フロントだけで決済なのですが、それでも使えるのはキャッシュレスの観点からも嬉しい限り◎

 

今後の【快活CLUBリラックスルーム】利用について

結論から言いますと、現在の清潔感と治安が保たれているのであれば、今後「ヤドカリ先3号」にしようかなと考えております(笑)

気軽さ・快適さ+鍵付防音個室24時間営業といったホテルライクな仕様に加えて、料金がネットカフェ/漫画喫茶並みのお手軽さ、クレジットカードはもちろん、電子マネー(現在は有人フロントのみ支払い可能)が使える利便性を備えた施設は、おそらく爆発的に増えていくように思います!(もしかしたら首都圏にはもっとあるかも?)

他にも同じコンセプトのお店ができたら、いろいろ体験してみたいです!

 

※追記※

知識の無さで申し訳ないですが、このような快活CLUBリラックスルーム】の形態を”ネットルーム”ともいうんですね!

ちなみに、なんば~心斎橋近辺では【ネトマル道頓堀店】【キャビNET】など同じコンセプトのサービスを発見!

んが!

クレジット・電子マネー払いOKとか、ドリンクバー・シャワー無料というオプションの点は快活CLUBリラックスルーム】が一歩リードな気がします(他にもあるかもしれませんし、その分ルーム料金が若干高めだとは思いますが)

アミーゴ
お試しで快活CLUBリラックスルーム以外を利用したら、その時はレポートします!

過去記事一覧

過去記事はコチラ