【ファッション/トーク】”セットで着る”ためのレギンスを処分することにした理由

The following two tabs change content below.
アミーゴ

アミーゴ

天下の台所在住/4つのパラレルワーク(複業)をこなす月収1☆万円30代パラレルワーカー/王家衛映画・UK&USインディー・中島みゆき・お笑い・ドキュメンタリーが好き/ヤドカリ歴9年目/好きなコトバはビートたけしの「人生に期待するな」

ちょこちょこメニューも「アミーゴのモチモノ」を更新しています!

 

記事として投稿はしていないけど、少しずつモチモノに変化が出てきました。

 

どの書籍だったか失念してしまい、申し訳ございませんが、

”ファッションにおいてのミニマリズム的思想”のひとつとして、

 

ボートネックは着ない」と宣言された方がいらっしゃいました。

ボートネック【boat neck】とは、横に長く、前後に浅い舟底形の襟あき。引用元:コトバンク

 

なぜ「ボートネックは着ない」と宣言したのか。

 

理由は、襟ぐりが空きすぎるので、どうしても、チューブトップアンダーウェアなどを、下に着なくてはならないからというもの。

 

タンクトップキャミソールだと、肩のストラップ部分がでるので、(オシャレとして、敢えて差し色を見せたりすることもありますが)チューブトップデザインを着るのがベターになってくると、書籍の中ではおっしゃってました。

 

もちろん、ボートネックのもの1枚で着れる方もいるかもしれませんが、どうしても胸元が空き気味になるので、日常の動きなどで、屈んだりすることを考えたら、1枚を中に着る人が、多数なのでは。。。

 

ボートネックのものが好きで、何枚も所有している方ならいいのですが、

少なくとも上記の著者は、ボートネックデザインを着るために、ほとんど着ることがないチューブトップも所有しなくてはならないことに、疑問を持ち、思い切って処分したのだとか。

 

これを読んだとき、なるほど!と感銘を受けました。

筆者も”モチモノ”のなかで、ここ半年くらい、陽の目をみていないモノがありました。

 

≪UNIQLO≫10分丈レギンス(黒)×2枚です!

 

レギンスパンツとは違い、

この≪UNIQLO≫10分丈レギンスは、あくまでアンダーウェアのもので、1枚単体で着にくいモノ。

 

ではなぜ、この≪UNIQLO≫10分丈レギンスを持っていたのかといいますと、、、

 

少し前までは、ショートパンツをよく履いていました。

 

しかし!足がガッチリしていること、年齢的に生脚を見せるのは避けたいことがあり、

ショートパンツを履くときは必ず、レギンスを下に履いていました。

 

ですが、ショートパンツやスカートが、体型に似合わないことに気づいてから、

所有していたモノを全てを処分。

 

おのずとレギンスも不要になったわけですが、、、

≪UNIQLO≫10分丈レギンスは履き心地がよくて、なかなか処分できずにいたのです。

 

履き心地がいいけど、もう出番がない」モノを、しばらく所有していたことに、ようやく違和感を覚え、

この度ようやく手放すことになりました!!

 

そんなわけで、少し気持ちがすっきりしました☆