【ファッション】冬の服飾雑貨は個性を出したい

久しぶりに雑談めいた記事を書きたくなったので、さっそく投稿しようと思います!

筆者は収入のほとんどをファッションに使うくらいのオシャレさんってわけではないですが、ファッションにはこだわりが多い方です。

20代の頃はとにかくデザイン・色味など、とにかく見た目重視で洋服や小物を買いあさっていました。20代前半に至っては、「使いやすい黒を敢えて取り入れないことで、人とは違う自分流にスタイルをしたい」という今となってはかなりイタイ、恥ずかしいルールを設けていました(笑)そのおかげ?でとにかく派手!派手!派手!なファッションをしていましたね(^_^;)

ひょんなことから診断してもらった自分のパーソナルカラーが、「ビタミンカラー」だということがわかってからは、ビタミンカラー(特に赤色)を取り入れた攻撃的な原色を多用したスタイルを貫いておりました。。。まぁ若さゆえですよね(-_-)

そして20代後半は勤めていた職場が比較的オフィスカジュアルでも「オフィス色」を強調するところでしたので、それまで所有していた服ではとても出社できないな、と気が付いたことに加え、人生の大きな転機があった頃でもあり、なんとなく保守的な色合いものを買い集めるようになりました。

20代前半の頃は「黒色を使ったら甘えだ!」と根拠もない自分ルールだったのにも関わらず、打って変わって「黒色を着こなしてこそセンスが光るのだ!」とこれまた謎の思考が芽生えたのです(笑)

そこからは黒、黒、黒のオンパレード(笑)とにかく黒色がどこかに入っていないと落ち着かないといった心境に変わり、本当に極端な性格を物語っていますね・・・。

それから徐々に歳を重ね精神的に落ち着きだした30代の今。

今自分は「なるべくモノを所有しないで、自分が一番着心地の良い服だけを持つようにしよう」と、ややミニマリスト精神に目覚めたのです。

20代の頃と違うところは、ルール縛りに躍起になっていないとこ。

色・デザインよりも、着心地の良い・体系に合ったファッションンを心がけております。だからといって自分が納得いかないものは着ないです。本当に着ていてたのしいもの、心地よいものをセレクトするようにしています。

基本カジュアルな服装が好きなので、デニム+モノトーン、ナチュラルカラーがベース。

そしてつい先日、新しいグレーのややコクーンデザインのコートを購入したのですが、これが自分の体形によく合っており、色味も今一番しっくりくるグレー。もともと所有していたユニクロのコートはネイビーなので、どちらもかなり落ち着いた色。この冬は2枚のアウターを着まわす予定。

アウターがグレーとネイビーのオトナな色味なので、服飾雑貨(小物)だけは差し色として明るい色味を取り入れよう!という気持ちになりました。

さっそく購入したのは、いろんな柄がパッチワークされたスヌード。20代前半のファッションのようにとにかく明るいデザイン!

20代前半と、20代後半と、30代の自分がコラボレーションしたような自分の集大成的??なファッションを、この冬はたのしもうと思います(笑)

スポンサーリンク